デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
中で食べられるファミリーマート登場!!

中で食べられるコンビニ。コンビニ2.0だ。


月曜のコンビニネタです。

さて、コンビニと言えば食品を買って外で食べるものだと相場は決まっているが、近年イートイン(中で食品を食べられる)化の兆しが見える。

イートインと言えば『ミニストップ』が有名だが、最近はそれだけではない。

ナチュラルローソンやローソンストア100など、近年実験精神あふれる事業を展開してきたローソンは地方の幹線道路沿いの店舗でうどん、そばの飲食コーナーをはじめた。

そしてファミリーマートもラーメンやパスタをある店舗で試験販売をはじめたという。

ファミマでラーメン!? どうもイメージしにくい組み合わせだ。どんなことになっているのか、さっそく現地に乗り込んでみました。

(text by 梅田カズヒコ



件のファミリーマート。外見的には何の変哲もない。
食べたい商品のカードを持っていって精算する仕組み。am/pmの“とれたてキッチン”と同じシステムですね。

コンビニでご飯が食べられる、それは僕の夢

とても忙しいときは、外まで食べに行く時間がもったいない。そんなときはどうしても食事はコンビニで済ませることになるが、コンビニ食は毎日毎夜食べているとさすがに飽きる。

しかし、コンビニで茹でたてのラーメンとかが出てくればそれが一番手っ取り早い。同じコンビニ食でも、精神的に何かが違う。

僕はファミマの新しい試みにエールを送るため、さっそく現場に向かった。

 

 

意外に種類が多いぞ

ラーメンは350円。パスタもおおむね300円代、うどんは200円代で販売されている。コンビニの商品としては少し割高だが、通常のラーメン屋やパスタ屋に比べると激安である。 さらにサイドメニューとしてコロッケ、餃子やフライドチキンなどまで合わせてかなり豊富なラインナップ。もちろんコーヒーも販売されている。

社食などには負けない品揃えではないだろうか。これがコンビニの中で食べられる! コンビニ新時代の幕開けといった雰囲気がする。

さっそくラーメン、餃子、コーヒーを買いお会計を済ます。

 

さっそく食べよう!

もちろん普通のコンビニなので通常コンビニで売っている商品も買え、中で食べることができます。というわけで欲張って買ってみた本日のご飯はこれ!


イートインコーナーのラーメン(350円)、餃子(210円)、アイスコーヒー(190円)、
そして店内で買ったポテトチップス(124円)、タピオカココナッツミルク(155円)。

特筆すべきは、コンビニで通常売られているポテトチップスなども中で食べることができる、という点だろう。

写真にうつったときに分かりやすくするためあえてポテチをパーティ開けしてみて、思った。

これはもう、家だ。家のテーブルだ。これにあとテレビとティッシュペーパーがあればダメな一人暮らし男の茶の間の風景の完成である。

 

ポテチを開けて食べる僕の向こうには普通のコンビニの売り場。この微妙な罪悪感はなんだろう。
厨房では、ネクタイを締めた社員がせっせと餃子やラーメンを作っていた。これはこれで非日常。
ラーメンはパックされた状態で出てくるのでこのまま持ち帰ることもできます。お箸はやっぱりおなじみの割り箸でした。

これは典型的な日常の非日常

これは自炊をしない一人暮らし男の食卓風景だな、としみじみ思いながら目をあげる。そこには通常のコンビニの売り場の風景があった。ポテチを食べる自分のすぐ横では、いつものコンビニの売り場の風景。

使い古されているが、これぞ日常の非日常と呼ぶにふさわしい光景だろう。「コンビニ売り場」と「一人暮らしの食卓」。この二つの日常が同じ場所で再現されたとき、それは非日常になるのだ。

僕はラーメンをすすっている。コンビニでストッキングを購入する女性の横で。この微妙な罪悪感はなんだろう。何も悪いことはしてないのに。居心地がいいような、悪いような。

いや、きっとこれは慣れないからだろう。慣れてしまえばこんなに便利なシステムはないはずだ。

 

 

お味のほうは?

ラーメンはいい意味で没個性。サービスエリアやスキー場などで食べるあのラーメンに近い。というか酷似している。このどうでも良さはなかなかラーメン屋には出せまい。安いしいいと思います。ただ刻んだ生ねぎを噛み締めると、「ああ、カップラーメンにはまねできない味わい」と思った。

あと、餃子が意外においしかったです。取材中、こんな餃子をコンビニの中で食べられるなんて! と一人で感動していたのですが、この感動が読者に伝わるかどうかはわかりません。いや、だって、コンビニの中であつあつの出来立て餃子ですよ。うれしいでしょう?

イートインコーナーにはもちろんポット、レンジなども置いてあるのでお弁当などを購入して食べることも可能。シンプルなのに、画期的なサービスだ。

洗面台もあるので衛生面でもうれしい配慮がありました。

今のところ全国でもここだけのようですが、ぜひ本格的にこのシステムを導入していってほしいです。

餃子、カリカリしててうまい。
ラーメンは当たり障りのない味だったけどネギがしゃきしゃきしててうまかった。

食べ終わったあとの空容器を眺めながら、これはどう見ても家だな、と思いました。

食べ終わったらすごく家に居る気分になった。今日はなんか面白いテレビはやってなかったか。ネットでもしようか。あ、でもその前に洗濯しないとな。そんな気分だ。
落ち着きすぎて家に帰るのが面倒くさくなってしまいました。

ちなみに、他のニュースソースでは、この店舗の住所や店舗名等は詳しくは書かれていなかったので、ここでも秘密にしておきます。千代田区内のどこかにあります。どうしても気になった人は自分で調べるか僕にこそっと聞きに来てください。気まぐれで教えます。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation