デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
食べ比べ「想像のロコモコVS実際のロコモコ」
唯一の具体的手がかりは目玉焼き


自慢じゃないがボクは「ロコモコ」が何なのかを知らない。
この記事を書く前に持っていた「ロコモコ」に関する知識は
・食べ物らしい
・ハワイの名物らしい
・ごはんの上に何かのっているらしい
・たしか目玉焼きものってるんじゃないかな
というのがすべてだ。
そんな想像上の食べ物「ロコモコ」をその語感などを基に、全くの推測で作り、ホンモノのロコモコと食べ比べた。

工藤 考浩



実際ののロコモコVS想像上のロコモコ

この記事を書き始めた時点で、ボクの「ロコモコ」に関する知識は先に述べたのがすべてである。
知らないということを証明するのは難しいので、こればっかりは読者の皆さんに信じてもらうしかない。

もしかすると皆さんの中にも、ボクと同じようにロコモコが何なのかを知らない方もおられるだろうか。

そんな方もそうではない方も、まずはボクが全くの推測でオリジナルロコモコを作ったその翌日の出来事からご覧いただきたい。
とあるロコモコ専門店にホンモノのロコモコを確かめに行ったレポートである。

初めてのロコモコとの出会いだ。

ロコモコを知らない方には、ボクがロコモコを知った時の興奮と感動を共有していただけると幸いである。


ロコモコを料理中の、ロコモコを知らない昨日までの自分

 

---2006年6月11日---

際のロコモコを確かめる

想像からロコモコを作った翌日、ロコモコの専門店がショッピングセンターの中にあるというので、そこへ行ってみた。
かなり長い間、ロコモコが何であるか想像し続け、そして昨日、その想像の結晶を形にしたばかりのボクにとっては、それはまるで受験の合格発表のような気分である。
お店の前に着くと、(お店としては)何のためらいもなく、いきなりガラスケースにロコモコのサンプルが飾ってあった。
合格発表の瞬間のドキドキもワクワクも何もない。
あまりにそっけない。


人生いろいろ、ロコモコいろいろ

そのサンプルによると、 ロコモコにはいろいろなバリエーションがあるらしい。
ロコモコは懐が深い。
けれどちょっぴり残念だ。
もっとロコモコをはっきりと定義して欲しい。
これは合格発表の会場前で知らない人に「全員合格だってさ」と言われたような感覚である。


答えはここにあった

 

一番ふつうのロコモコを食べてみる

店内に入りメニューを見てみると、本来のロコモコはハンバーグであり、他のロコモコはそれから派生したもので、いわば亜流であるらしい。
なので、ハワイで「ロコモコ」といえばこれ、という「ハンバーグロコモコ」を食べてみることにした。


これが正しいロコモコ

 

うまいぞロコモコ

ロコモコとは要するに「ハンバーグ丼、目玉焼きのせ」のことであるらしい。
ごはんのうえにハンバーグと目玉焼きがのっているなんて、そりゃもうまずいわけがない。

もっと早くに、もしも子供のころにロコモコに出会っていたならば、人生が違っていたかもしれない、と思わせるくらいキャッチーでポップなわかりやすい組み合わせである。ごはんとハンバーグは。


ロコモコを知ってしまった、今日からの自分

まとめ

ハンバーグの肉のうまみと、デミグラスソースの芳醇な味わいに半熟たまごのコクが彩りをそえていて、ごはんにとてもよくあう。
実際のロコモコっておいしいですね。

ロコモコ最高

おっと、ここから食べ比べですよ

ホンモノのロコモコがおいしかったので思わずまとめてしまったが、次のページからが本題。
未だ訪れたことのない「ハワイ」を精いっぱい空想して料理した、カンを頼りに作ったロコモコ。
じつはそちらも結構おいしかったのである。

さて、軍配はどちらに?


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation