デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
渋谷川の源流をさがす

千駄ヶ谷付近

原宿を抜け外延西通りをわたり、川は国立競技場の横を通っていく。


国立競技場で選手が走る脇を・・
渋谷川も走る。(前のページとの間で夜が明けた)

下水管はメンテナンスなどの問題でふつうは道路の下につくられる。こんなふうに道路を外れて普通の緑地の下を通るのは、そこに渋谷川の水路が通っているからこそなのだろう。


どれどれ。

川の上流はここから先、中央線の線路をくぐり、外苑西通りを再びくぐって新宿御苑へ向かっていく。そのようすを辿ってみよう。



千駄ヶ谷駅の東、中央線の線路を、
くぐって来る。手前側が上流。

そのまま児童公園を抜けて、
マンションのわきの緑地の下をくぐる。

 

公園が荒れ放題

その先の児童公園がたいへんなことになっていた。


怖い。

草が伸び放題で、鉄棒がうまっている。逆上がりでもしたら、手が草のつゆだらけになりそうだ。

こんな状態になっているのはたぶん偶然じゃない。そこを川が通るということは、つまり水があつまりやすい土地だということになる。しぜんに草も生え放題ということになるなのだろう。

さきほどの
・都会のまんなかにとつぜん細くてくねくねした路地があったらもと川と思え

にひきつづき、

・都会のまんなかにとつぜん草ぼうぼうの細長い路地があったらもと川と思え

というガイドラインを追加しておこう。

 

新宿御苑へ

そしてその先は新宿御苑につながっている。荒れ放題の緑地、そして地下の下水管を追って、新宿御苑へ向かう。


千駄ヶ谷付近の下水道地図。青くぬったのが今追っている下水管。左側の緑色の一帯が新宿御苑。
地上では外苑西通りをわたっていく。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation