デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
まちの音とセッション
「一人で演奏するのに飽きました」(ふみきり談)

とおーりゃんせ とおりゃんせー。
信号が「渡れ」のメロディーを鳴らす。

街中には機械の鳴らす音がおおい。そしてそういう機械は、いわばストリートミュージシャンのようのものだ。

考えてみると、彼らはいつも一人で孤独に演奏をつづけている。でも、たまにはだれかと合奏したいのかもしれない、と思った。

そんな彼らの願いをかなえるため、まちの音とセッションしてみました。

三土たつお



街中の音を確かめる宮城さん

めぼしい音をさがす

セッションをするにあたり、当サイトライターの宮城さんに協力をいただいた。

宮城さんはエアギターもやるけれど、ふつうのギターも弾けるし、ドラムやピアノなどあらゆる楽器が弾けるすごい人なのだ。

宮城さんと一緒に商店街などを回りながら、よさそうな音をさがしていく。

 

ふみきりはどうか

待ち合わせをした駅前から歩いていくと、まずはふみきりが目についた。



以前にもしらべたことがあるのだけど、西武池袋線のふみきりの音はドとミの和音になっている。

ふみきり

このふみきりの音なんかはどうだろう。宮城さんに聞いてみた。

「ふみきりは、ファンファンっていう一定のリズムがピアノの4分打ちっぽくて、合わせやすそうですね。」

―4分打ち・・ですか。

「ためしにギターでやってみましょう」

そういうと、背中にしょっていたギターを下ろして、ふみきりの音にあわせて実際に弾いてきかせてくれた。


ふみきりとギター
> きいてみる <

おお! なにかの曲のイントロのようにも聞こえる。

オルガンとかもあった方がいい、とのことなので、ぼくも持ってきたキーボードで参加してみた。


ザ・ふみきりーズ
> きいてみる <



まさに今ふみきりと一体になって音楽を奏でているのを感じる。

ふみきり自身もたぶん、ずっとこういうことがしたかったのに違いない。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation