デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
東京 地下足袋の旅


初めて地下足袋を履いたのは、当サイトでの祭り取材のときだった ( 「知らない町の祭りに参加」 )。その独特の履き方とか、指の割れたところの牛っぽいたたずまいとか、なかなか魅力的だと思っていた。

地べたと限りなく近い履き物。それを祭りや高所作業のときだけでなく、普段で履いたらいかがなものか、そう思い、タビに出ました。

乙幡 啓子

そして初めての地下足袋を買う

さて地下足袋の調達である。本当は職人御用達のお店に行きたかったのだが、近場のハンズで間に合わせた。まさかハンズで地下足袋を買う日が来るとは。


マイファーストタビ。2000円しなかった。サイズは24.5。

女でも熱く挑戦しますがいいですか。
最初にして最大の難関、留め具。

普通の格好に地下足袋を合わせるわけだが、どうにも家から履いていく勇気がなく、同行者との待ち合わせ場所からタクシーを拾い、その中で履き替えた。

まだこのときの自分は、地下足袋を普通に履きこなすバイタリティもメンタリティも欠けていたのだった。


留め具でなかなか難儀し、車に酔う。オエー。

そしてタクシーは一路、六本木へ。

こういう取材のたび、私の足はどうしてもヒルズへ向かう。 「最先端スポット=六本木ヒルズ」 というステレオタイプが頭から離れないのだ。しかしやっていることはその場の空気を乱すことばかり。何か彼の地に恨みでもあるのか。


そして彼の地に第一歩を印した瞬間の画像がこれだ。

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation