デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
西瓜糖をつくろう

夏といえばスイカです。

ああ、スイカ。赤い。美しい。
このところ、毎日スーパーで買って食べております。

(text by 大塚 幸代



んで昨日、古い料理本を呼んでいたら、「西瓜糖のつくりかた」が載っていたのです。

西瓜糖!!

「西瓜糖の日々」という小説がありますが、実際の西瓜糖は食べたことがありません。

ああ、きれいな言葉。
スイカトウ、ですよ。イン・ウォーターメロン・シュガーですよ。
英米文学大好きっ子的には萌え萌えですよ。

いったい、どんな味なんだろう?

そんなわけで、作ってみることにしました。

まずは何はなくともスイカ。

ざくざくきざんで、

ジューサーミキサーを用意。

今、話題のシンプル輸入家電、ビックカメラで2580円で購入したマシーンです。


スイカ投入。スイッチオン! 種もいっしょにくだきます。


おお、ジュースになった。


……スイカって、ほんとにほとんど水分だな、ということが判明。
なめてみると、形のないスイカって、曖昧な曖昧な、うす甘い味。ぶっちゃけ、まずい……。

それを、ナベで煮詰めます。

ぐつぐつ。

ぐつぐつ。


煮詰まりました。

……文献には「カラメルのようになる」と書いてあったんですが、どう見ても韓国の味噌、コチュジャンそっくり。

英米文学というより、どっちかっていうと、プロレタリア文学って感じ。

ジュースにした際に、カスをこしたほうがよかったのかしら……と反省しましたが、もう遅い。


かわいいっぽい瓶に入れても、やっぱりコチュジャン。


ヨーグルトに入れても、やっぱりコチュジャン。

混ぜて食べると、

それなりにうす甘くて、食べやすくていい感じには、なりましたが。

 

ちなみにコチュジャン(西瓜糖)だけ味わってみると、

■スイカの青臭さを煮詰めた香り(そのまんま)
■スイカのうす甘さを無理矢理濃くした味(そのまんま)

要するに、カブトムシが狂喜乱舞しそうな味……でした。

ですがこの西瓜糖、強い利尿効果があって、腎臓に良くて、身体から塩分を出してくれるんだそうです。
つまりデトックスの薬ですよ!!!!

なので興味あるかた、作って健康になってくださいまし。
あと「西瓜糖、もっといい作り方あるよ!!」という情報ご存じのかた、是非ご指導&ご指南くださいまし……。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation