デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
始発vs俺
終電を逃しても自力でなんとかしたい

都心にいて終電を逃してしまったとき、お金をあまり持っていない学生などが取れる方法は、家まで歩いて帰ることだ。

でもそれは家が都心に近い場合にしかつかえない。たとえば終点ちかくの人にはとてもムリだろう。

なんとか終点までタダで帰る方法はないか。
しかも始発より早く。

自転車でためしてみました。

三土たつお


 

京王線で始発と勝負

今回は、東京の京王線でためしてみた。

新宿で終電を逃したあと、自転車で終点の高尾山口駅に向かい、やって来る始発電車に追い抜かれずにゴールしたい。

これができれば、どの駅に住んでいても終電は逃し放題ということになるはずだ。


京王線新宿駅から高尾山口駅までに沿った道路。全長約40km。


ほほほ、お行きなさい。

新宿駅へ

まずは新宿駅の京王線ホームに向かう。

今日の最終電車は0時18分高幡不動行きらしい。いつもならあわててかけこむところだけど、今日は余裕たっぷりに終電を見送ろう。

予定よりやや遅れて、0時22分に終電が発車した。急いで、地上にとめておいた自転車に向かう。

まだ見ぬ始発が来るまえに、終点へと向かうのだ。


いよいよ出発

0時33分、新宿を出発。

ここからはもくもくと自転車をこぐのみだ。終点までの距離はおよそ40km。さしずめマラソンのランナーのようなものかもしれない。ランナーよりずっとラクだけど。


始発への対抗心むきだしで出発。

新宿駅の周辺にはまだ残っている人がいる。

彼らもやはりわざと終電を逃したクチだろうか。ともにがんばろう、とひそかにエールを送る。


わざと終電をのがした人たち。

甲州街道ぞいに、0時30分だというのにまだ営業しているくだもの屋さんがあった。

そういえば途中の食べ物のことを考えていなかったので、食べやすさを考えてバナナをもらっていくことにした。


まるや青果さん。うっかりお金を払いそびれそうになった。
あとでバナナを食べよう。

ぼくのほかにも自転車の人はちらほら見受けられた。
ともにがんばろう。高尾山まで。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation