デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
田園調布で宝探し
 


みなさんは、高級住宅地に行けば宝物とか落ちてんじゃないの?なんてポテトチップスを食いながら思ったりしないのだろうか。毎日は思ってないけれど、月に一度くらいは思っているのではないだろうか。そう思うのが我々庶民の性(さが)というものだろう。

ということで、最近宝が欲しくて欲しくてたまらない(前日など、株の誤発注のうまみと、大きいつづらの中身について一日中考えていた)ので、田園調布に宝探しに行ってきた。

(text by ざんはわ



田園調布駅西側の様子。

田園調布駅の西側には放射状の計画都市が拡がっている。

なんでも昭和初期に作られた一画らしく、ここがいわゆる超高級住宅街である。


こんな並木道(いちょう並木)が放射状に伸びている。
高すぎる塀(女性の身長は3メートル)。
塀の上。付近の家はみな一様に後光が射している。

このあたりの住宅は、軒並み塀が高い。塀が高い理由は何だろう。城壁の例をみるまでもなく、それは侵入防止のためだ。

ということは中には宝がいっぱい入っているはずなのだが、塀の中のものをとってしまったら企画の趣旨とそれる上に泥棒になってしまう。泥棒は悪い。あのすばらしい宝とは大違いだ。そして、我々が今日めざしているのは宝のほうだ。

ちなみに女性の身長を3メートルと書いたが、実際のところは1.5メートル程度だ。

 

暑いわ、坂道多いわ、金持ち多いわ、の庶民三重苦。
網はいらないのではないだろうか。

さてはじめますか

この日はものすごく暑かった。また、田園調布という街は坂が多く、それを目の前にした我々は着くなりくたびれてしまった。なんとなく持ってきた、という虫とり網のニュアンスのあいまいさを巡り、やいのやいのけんかしたりもした。

「田園調布に行けば宝物があるのではないか」と漠然とした憶測で来たものの、ほんとうに見つかるのかどうか。不安な気持ちになりながら、ぼんやりと無言のまま、持参した資料を眺めていた。田園調布について書かれた本の中では比較的有名なので読んだことがある人もいるかもしれないが、「てんとう虫コミックス おぼっちゃまくん(1)」という本だ。

資料によると、田園調布には亀に乗って登下校する小学生がいるらしく、それは大変衝撃的であった。そしてそんな金持ち小学生の周囲にはふんだんに金がばらまかれ、道端にも相当量が放置される始末。

これは期待できる。先ほどまでの不安が一気に自信へと変わる。資料には時折お尻丸出しの小学生も描かれていたが、それは気のせいだろう。

 


次ページより宝探しが本格化


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation