デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
クラゲアイスが食べたい

颯爽と加茂水族館を見学だ

わざわざ入場料を払って入館して、クラゲアイスだけ食べるというのももったいないので、まずは順路に沿って館内を見学します。

加茂水族館、さすがに「鶴岡市営」の水族館だけあって、地域に根付いた魚がたくさん展示されています。タイ、ヒラメ、スズキなどのおなじみの魚から、メバル、カサゴ、クロソイなどの釣りでもやらないと名前がわからない魚まで、その辺の生け簀料理屋を大きく凌駕する白身魚のラインナップ。

だんだんお腹が減ってきました。でも食べるのはアイスです。


でも写真はナマズです。

 

世界一のクラゲ展示、素直に感動

数多ある魚の展示された水槽をキャーキャーいいながら楽しんだ後は、クラゲの特別展示ブースへ。その名もズバリ「クラネタリウム」。なんとなくここの館長とは友達になれそうな気がします。


クラネタリウムへようこそ。迷いのないダジャレは好きです。

私がこの水族館へ来た理由は、単純にクラゲアイスを食べたかっただけでしたが、クラネタリウム、うっかりクラゲアイスの存在を忘れるほどに凄いです。

私がクラゲに対して人並み以上の必要以上の思い入れを持っていることを抜きにしても、感動に値する展示内容。ここ数年で一番長い時間、瞳孔が開きっぱなしになりました。


大型水槽いっぱいのミズクラゲ。 もうクラゲに夢中。

ファンシー&キュート! ビューティー&ラブリー!

たまらないです、クラゲ。予想以上。

そしてさらにさらに、ご存じかも知れませんが、光るんですよ、クラゲ。一言、ヒカリマクリスティーといわせていただきたい。


フワ〜ンフワ〜ンって。 フヨ〜ンフヨ〜ンって。

なんかね、フワ〜ンフワ〜ンでフヨ〜ンフヨ〜ンでピカ〜ピカ〜って光って、すっごいカッコイイ。肉眼で見るNHKスペシャル番組みたいな。ああ、この感動が私の文章力では皆様にお伝えできない。なので動画でどうぞ(ライター業放棄)。いや、動画でも伝えきれないので、ぜひ実物を見ていただきたい。

※臨場感あふれる音声付きです。


オーソドックスな形のクラゲ。小さい点は餌のプランクトン。

こんなかわいい水中生物を見たのは初めてです。

どういう進化の過程でそのような形になったのでしょうか。

もうクラゲであることすら放棄したような造形。

生きているクラゲをたくさん見て、この前私が捕まえたクラゲは全部死んでいたやつだったんだと気がつきました。

クラネタリウムは展示が楽しすぎて、思わず3周もしてしまいました。同行の友人達は2周止まりなので周回遅れです。

さあ、はしゃぎすぎて喉も渇いたところで、お待ちかねのクラゲアイスを食べにいきましょう。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation