デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
似ていないぬいぐるみ


精巧なフィギュアなどをはじめ、世間ではリアルな立体造形がブームだが、

今日は時代に逆行するぬいぐるみをじっくりと観察してみました。

似ていない理由について、意外な発見が・・・。

ヨシナガ



あるお店の販促キャンペーンで使われているぬいぐるみに大注目している。

 

それがこれだ。

よく見ると造形がすごい。


【ビーバー】

顔の色は衝撃的だろう。

本物のビーバーをほとんど見ずに作っているであろう事がよくわかる。

足のはえている位置などもおかしいが、顔のインパクトで自然に見えるから不思議だ。

 

【オオカミ】

このオオカミもすごい。

まったく怖さが表現できていないし、耳のあたりにかかっている白いものも謎だ。

鼻の一部に至っては、なぜ茶色なのか。

 

と、いうか、

見ていて気づいたのだが、不自然だった「ビーバーの鼻」や「オオカミの鼻部分」は

 

・コアラの鼻

・カンガルーの鼻部分

 

を使いまわしているのではないか。

確かに同じ部品を使えばコストは下がるが、そのせいで極めて不自然な生き物が誕生している。

得たものよりも失ったものの方が大きいという良い例だ。

 

 

そして、次のキャンペーンは驚いた。

 

 

ついに全部クマに。

 

使い回しの発想はさらにエスカレートし、ついに全種がほとんど同じ形となった。

 

 

チャクマ、クロクマ、シロクマ

という種族名も衝撃的だ。

 

クマに見えるのは救いだが、チャクマという生き物は聞いたことがない。

 

 

 

そして、最新のキャンペーンでは・・・

 

え?!


チャクマ出たー!!!

KO・U・HU・N☆

 

「ワンワン!ぼくをえらんでね!」

というセリフからイヌであることがわかるが、体も耳も鼻も

これはどう見てもクマだ。

 

 

並べてみると一目瞭然。

鼻、体、口。ほとんどの部分が以前のクマの使い回しだ。

 

と、いうことで、

時代に逆行して独自のキャラクターを生み出し続ける、某ファーストフードのぬいぐるみキャンペーン。

 

これから先も、どんな使い回し 素敵なキャラクターが生まれるのか注目して観察していきたいと思う。

 

 

と、いうことで、

今日のクラフトはビーバーです。

 

ペーパークラフトダウンロードページへ
  展開図を表示するにはAdobe Reader が必要です。お持ちでないかたはアドビシステム社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

やる気のない不思議な形状を、ぜひ作ってみてね!


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation