デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
デコ・カップケーキ大賞再募集(見本つき)!

世界中でブーム到来前夜、というか私の中では既に大ブーム大ブレイク中の、デコ・カップケーキ。
それはカップケーキの上に自由にカラフルにデコレーションするという、いたって簡単なお菓子のこと。
この面白さを伝えたい。そう思って先日、当サイトで「デコ・カップケーキ大賞開催」として、作品写真募集してみたんですが……正直に言いましょう。あんまり投稿数が多くなかったんです……(投稿してくれた皆さんには感謝&お知らせするのが遅くなってごめんなさい)。
で、審査委員長・造型アーティストのミヤタケイコさんと緊急会議。
「やっぱりデコカップケーキって、敷き居高い感じ、しちゃうんですかね?」
「作るのが難しいって、思っちゃうのかもねえ」
「想像よりカンタンなんですけどねえ……うーむむむむ、じゃあ実際、手軽な材料で、見本制作をしてみましょう」
「そうしましょうそうしましょう」
そんなわけで10月のとある日、大塚自宅でミヤタさんと二人、試作会をやってみたのです。

(text by 大塚 幸代




材料は生クリームのほか、「でっかめのスーパーなら、あるだろう」というような製菓材料。食用色素、チョコペンなど、バレンタインやクリスマス時に使うような食材です。
あとは飾りに使えそうなお菓子、「m&ms」や「きのこの山」など、適当に購入。
カップケーキ本体は、自分で焼いたものではなく、パン屋・スーパーで3種ほど、大きさの違うものを買いました。

「とやー!」まず生クリームに、どーんと緑色色素を入れるわたくし。
「……悩まずに作りますね」とミヤタさんに指摘されました。え、そうかしら。ががーん。

1作目、秋を意識した「わけいってもわけいっても、きのこの山」カップケーキ。生クリームを盛り付けて、きのこの山をさしただけです。実際のデコレーション時間、3分くらい。

 


思案してたミヤタさんが動き出した! 包丁でケーキを切って、形をカスタマイズ。市販のワタアメで、ケーキをコーティングしていきます。

 


ヌイグルミのような作品が出来ました、さすが。耳部分の芯と歯は、ポッキー使用。目と鼻はm&ms。

ようし、私もケーキ本体を切って、何か作るぞ! と、ごりごり削って……。

大自然をイメージしてみました。流れ落ちる滝は青いチョコペン、摩周湖のように青い水面は、青くしたゼリーを使用。ジオラマっぽい。

「大塚さん、それにピッタリの飾り持ってますよ、さいきん自分のなかで木彫りの熊がブームなので……」とミヤタさんが貸してくれた、木彫りミニチュアクマを、がけっぷちに置いてみました。断崖をのぞきこむ彼。物語性を感じますね……そうでもない?


テディベア作家でもあるミヤタさん、木彫り風クマの顔制作。チョコレートをとかしたものを、全体に盛っています。耳の部分はポッキー、目と鼻はm&ms。

上から見るとかわいいけど、横から見るとちょっとコワイです。


「私もジオラマとかキノコじゃなくて、カワイイの作りたい……」と、とりあえず赤い食用色素を生クリームに投入したわたくし。


東京タワーが作りたかったんですが、鉄塔になっちゃった。鉄塔かどうかもあやしい。まあこれはこれでいいか。



ごく普通のケーキ風デコレーションを作ってみました。小さいとカワイイし、失敗が恐くないので作るのがラク。ローソクをさしてみました、いい感じ。


ふと横を見ると、ミヤタさんが、ウチの台所にあった海苔で、触手っぽいものをカップケーキに張り付けてました! 不意打ちをくらって、ものすごいウケてしまいました。大作の予感。



「よし、私はもっとお手軽なもの作ってみよー」と思って、3Dメガネくん作成。メガネはチョコペン、赤いほうのレンズは生クリーム、青いほうのレンズは青いゼリー、口はワタアメをひねってネンドっぽくしたもの。表情が自由自在なところがポイント。


ミヤタさんの大作完成。ふたつの大小カップケーキを、ポッキーでさしてくっつけてデコレーション。これ、私が食べました。食べるとき、モッタイナイとか思っちゃうんですが、食べ物だから食べるしかない。



食べきれないぶんは保存して、翌日に別の友人に来てもらって、食べてもらいましたよ。友人はケーキを見た瞬間、「あはははははは」と、爆笑してくれました。ウケたウケた、よかった。

作ってて思ったんですが、
「でっかいケーキをデコレーションするより、ものすごく気軽にやれる」
ところがが、やっぱり良い点だと思います。
土台から作って素材にこだわったり、凝りたいならば凝れるし。
私の「きのこの山」のように、ワンアイデアでも出来ちゃうし。
男のかたでもジオラマやプラモデル感覚で、楽しめると思うし。
お子さんなんかは、とんでもない傑作を作ってしまう気がします。


そんなわけで再募集でござるよ!
締めきりは10/31日! 
前回投稿してくださったかた、前回ぶん作品もそのままエントリーされますが、新作を送ってくださるのも歓迎。
また、新規応募者のかたも、1人のかたでの多数投稿OKとします。
お気軽に、たくさんのご応募、お待ちしております。


10/31で応募を締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました!


■審査委員長 ミヤタケイコ
カワコワイ(可愛くて怖い)、縫いぐるみ等の作品を発表し続けている人気アーティスト。
「毒スイーツ」と題して、ありえない色のフードをヌイグルミやネンド感覚で制作、展覧会で発表したり、ワークショップなども開催している。
ミヤタケイコ公式サイト
http://www.h3.dion.ne.jp/~k-miyata/

■展覧会インフォ
「MIYATAKORA」ミヤタケイコ+タコラふとりきみよしコラボ展 
11月8日(水)〜19日(日)

会場「artdish」東京都新宿区矢来町107番地
TEL03-3269-7289 12時〜22時(月休)
詳細地図 http://www.artdish.co.jp/

国内外で、ポップな作品を発表し続けるビジュアラーの太公良タコラふとりきみよしさんと、ヌイグルミアーティストのミヤタケイコさんの二人による、毒ポップなコラボ展。ドローイングのように無限に広がるポップなタコラさんのビジュアルプリントを、ミヤタさんが謎の生物に変化させていく。世界にただひとつしかないポイズンペット付きTシャツも販売。会期中、会場にてコラボヌイグルミを1日一体ずつ公開制作するそうです(詳しい日程は、こちらを参照ください)。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation