デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
「スープの冷めない距離」はどのくらいか

親子が離れて暮らす場合に使われる表現に、「スープの冷めない距離」というのがある。
一般的には、親と子が近すぎず遠すぎず、ちょうどいい距離に住むことを表す言葉だ。
しかし、それはあまりにもあいまいな表現ではないだろうか。
実際にはスープの冷めない距離というのはどのくらいなのだろう。
本当は、けっこう離れていてもスープは冷めないんじゃないだろうか。
遠くまでスープを持っていって、確かめてみた。

工藤 考浩



まず、スープを作る

作るといっても、カップスープの素にお湯を注ぐだけだが、今回の実験ではそれで充分である。
おいしい手作りスープなど作る必要はない。
調べたいのは冷めたか冷めないかなのだ。

自宅の台所でお湯を沸かし、カップに注ごうと思ったのだが、普通のスープカップに入れてしまうと、移動中にこぼれてしまう。
それではいけないので、ステンレス製の水筒でスープを作ることにした。

ちなみに余談だがこのステンレス水筒、保温効果もあるらしい。


要するに、魔法瓶を使っちゃいます

 

大森はスープの冷めない距離だろうか

デイリーポータルZの企画会議などで、ニフティのある大森に時々行くのだが、東京の西の方にあるわが家から大森までは、電車を三本乗り継いで、なんだかんだで1時間近くかかる。
その度に、「やっぱり遠いな」と思っていたのだが、この距離がもし「スープの冷めない距離」だということになると、その印象も変わってくるのではないだろうか。


大森は東京の南の方にあるのだ

 

会議中のデイリーポータルZ編集部に

この日は偶然にも、編集部にたくさんのデイリーポータルZのライター陣が集まっていた。
これはちょうどいい。
皆さんにスープを飲んでもらい、自宅から大森までが「スープの冷めない距離」かどうか確かめてみよう。


偶然にも皆さんがいた

 

ウエブマスターにたしかめてもらう

会議の席に林さんがいたので、さっそくスープを飲んでもらう。
自宅を出てから1時間、どうだろう、スープは冷めていないだろうか。


このスープ、冷めていませんか?

「いえ、温かいですよ。」

 

冷めていないようだ

林さんの感想によると、スープはまだ冷めていないようだ。
念のため、会議に参加していた他の方にも確かめていただいた。


金曜担当ライター玉置さんも、「温かいですよ」

木曜担当ライター住さんも、「温かいですよ」

 

大森はスープの冷めない距離だ

ライター陣に確認してもらった結果、わが家から大森まではスープの冷めない距離だということが確認できた。

冷めないどころか、スープはまだまだ温かかった。
ということは、スープの冷めない距離はもっと遠くだということだ。
それを確かめるべく、旅に出た。
向かった先は、北である。


新幹線で北へ向かった

    つぎへ >
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation