デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
親子丼いろいろバリエーション

●親と子供の「親子丼」を求めて

  「親とタマゴ」ではなく、「親と子供」である親子丼。そんなリクエストをしておいて、出てきたのはこんな丼だった。


ビジュアル面での大胆さもある親子丼


 こ、これは……。それが親子丼であるかどうかと言う前に、なんだか衝撃的な見た目の丼物になっている気がする。

 「今日はなんだか忙しくてバタバタしてて…」という言葉とともに出された親子丼。大小それぞれの魚が乗っているということはわかる。


そういえばきみたちも親子だったね

 イワシとチリメンジャコという親子の親子丼。これまで意識したことはなかったが、言われてみれば親子だ。大人とタマゴではなく、大人と子供という意味ではより真実に親子。

 それはそうなのだが…。頭でわかったところで、どうも見た目的に料理として認めていいのか疑問が残る。


釈然としない親子丼

 ルールにのっとっているのはわかりつつも、今ひとつ腑に落ちないまま食べてみる。

 ……うーん、腑には落ちないけど、おいしいぞ。

 それぞれうまい。ゴマやシソといった薬味も効いている。ただ、イワシとジャコとごはんとが別々の器に盛り付けられていても、おいしさ的には同じだったとも思う。

 汚す器を最小限にするという意味では合理的な丼か。納得できないものが残りつつも、おいしくいただきました。

 翌日は私の帰宅が早かったこともあって、自分でバリエーション親子丼づくりを実践。これまでお魚の親子丼が3つ出てきたが、そうでなくてもいいはずだ。

 そんなコンセプトをもとに作ったのがこのどんぶり。

 

謎解き親子丼とも言える親子丼

 ひき肉を甘辛く炒めたものをごはんにしいて、その上に大豆と枝豆とを辛子マヨネーズで和えたものを乗せる。そしてサルサソースをトッピングしてみた。

 おわかりだろうか、大豆と枝豆での親子丼だ。


地味だけと親子

 成熟しきった大人の大豆と、まだ若者である枝豆。植物版の親子丼と言えばよいかと思う。

 どんぶりトータルとしては、沖縄の名物のひとつであり私の好物でもあるタコライスをイメージしてみた。タコライスもそうして食べるように、軽く混ぜ込みながら食べてみる。


言われなければわからない親子丼

 ……おお、イメージどおりの味に近いぞ。うまい。

 ひき肉とサルサソースというタコライスで約束されたおいしさに、二種類の豆が絡んでくる。そのプチプチとした食感がなかなかおもしろい。

 豆の親子だけがメインを張るのではなく、他のものと一体化したおいしさ。調理と言えるほどのことはしていないが、具材を組み合わせてごはんに乗せるといっぱしの丼物になる。

 自分で満足して食べている私の様子を見て、「そういうのでいいなら明日も作るわ」と言い出す妻。どんなものが出てくるだろうか。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation