デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
ものの大きさ変わる箱
大きさを自在に変えるってお話しだよ


大きさを錯覚する部屋というものがあると本で読んだ。

同じ場所に立っているのに大きく見えたり小さく見えたりするのだ。観光地のトリックアート美術館などにあるようだ。錯視の業界では(そんな業界あるのか?)それは「エイムズの部屋」と呼ばれているらしい。

エイムズの部屋をもちあるけば視界にあるものの大きさを自在に変えることができるのではないだろうか。

新年早々、部屋を持ち歩くとか言い出してすまん。(林 雄司



エイムズの部屋の不思議さを知ってください

これがエイムズの部屋。エイムズの部屋の作り方はネットで検索するといくつか出てくるが、今回はこのページを参考にしました。ありがとうございます。

ゆがんだ箱に大きさの違うふたつの窓(A,B)があいている
反対側にはのぞき穴

のぞき穴から覗くと、反対側に同じ大きさの窓が並んであるように見える。大きさと距離が違うにもかかわらず。

大きさが違うはずの窓が同じに見える

窓の近くに物を置くと、同じものでも窓の大きさとの対比で大きくなったり小さくなったりするのだ(もちろん本当に大きくなるわけじゃなくてそう見えるだけ)。人形を使って説明すると…


のぞき穴から見たようす
箱の外から見たようす
コンニチハ! 小さいですネ
大きい窓から覗いている
ごんにちわー でかくなりましてん
近くにある狭い窓から覗いてるだけ

同じものが大きくなったり小さくなったりするのは衝撃である。こんな箱を通すだけで。大きいとか小さいという感覚は絶対的ではなく、簡単に錯覚してしまうのだ。

つまり、この箱があればきみのほうが大きいとか僕のは小さいとかそういう悩みから解放されるのではないか。


つまりこうすればいいのだ

どんどん街のものの大きさを自在に変えてしまおう。錯覚をポジティブに使うのだ。



 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.