デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


チャレンジの日曜日
 
区画整理と壊れかけた建物

このマークは取り壊ししますよのマーク


 経済発展している中国では、よく中国に行く人が「1年経つと街の景色が全然違う」とよく例えるように、新しいビルがいつのまにか建っていたり、新しい道路がどんどんできている。ということは、裏を返せば中国では古い家の取り壊しはいろんなところで常時行われているのではないか、と思った。

 その予想通り、発展ざかりの中国の街では、地域丸ごとリストラをする「区画整理」が盛んなのだ。中国の区画整理の現場は日本ではなかなかお目にかかることがない風景。そこで撮り貯めた区画整理の現場の写真をいくつか紹介してみたい。

ライスマウンテン

区画整理現場その1。北京の中心の裏通りにて。

 

「巨力」で古い家々を一掃
わずかに残る壁の跡
区画整理の真っ只中でも営業中の商店

区画整理現場へGo!

 区画整理はどこでもありそうだが、でもどこに行けばいいのだろう。捜すのにはコツがある。

 今どんどん建物が現代化していっているが、急に全ては変えられない。そこでどこをはじめにやるかというと、やはり街の代名詞的なメインストリート沿いから手をつけるだろう。どんな大都市でもメインストリートから一本裏路地に入れば古い家々が並ぶ。そういった場所を今取り壊して新しい街並みに変えようとしている。だから、街のど真ん中から一本裏道に入ったあたり、この辺がポイントだ。

 特に2008年にオリンピックを控える北京や、2010年に万博を控える上海は区画整理が多く、写真のような区画整理の現場にめぐり合うことはできると思う。

 ちなみに区画整理現場を撮り集めている自分は、簡単な中国語はなんとか話せるけれど「どこで家ぶっ壊してますか?」という言葉はなんていっていいかわからないし、そんな質問をするのも妙なので聞いたこともない。

 初めて訪れた中国の都市につき、ホテルに向かうときとか、観光地にバスを乗りついていくときとか、街の中心のショッピングセンターやスーパーでお土産を買うときとか、そんな別の目的で移動しているくらいでも、結構区画整理の現場に出くわすのだ。

 さて、次ページ以降も心に残った区画整理の現場写真を紹介していきたいと思う。

 


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.