デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
ハート柄のかわいさとせめぎ合う
 


 携帯電話の絵文字など、最近はいろいろとかわいらしいマークを見かけることが多くなった。その中でも古くから親しまれていて代表的なのは、やはりハートマークだろう。

 実際、街で買い物をしていてもハート柄をモチーフにしたものはよく見かける。一瞬「かわいいな」と思う。

 そしてハッとなる。なんでハート柄見てかわいいとか思ってるんだ、俺は。

 三十過ぎの男がハート柄を見て「かわいいな」もないだろう。あとからそう気づくのだが、ついうっかりかわいいと思ってしまっている。非常に不本意だ。

 今回はそんな風に隙を突いて心を惑わしてくるハート柄と徹底的に対決してみました。

小野法師丸



●ハートのかわいさに負けたくない

  どういうわけだか知らないが、うっかりかわいいと思ってしまいがちなハート柄。その度に照れくさくなる。

 別に本気でそう思っているわけでない気がする。ただ、長い間の刷り込みで「ハート=かわいい」という公式が無意識に成り立ってしまっているのかもしれない。


負けたくない
この雰囲気に飲み込まれたくない

 いつもつい「かわいいな」と思ってしまって、そういう自分に気づいて暗い気持ちになる。何を影響されているんだ。

 そうは言っても、そのムードに抗しがたいものがあるのは否めない。改めて上の写真を見てもそう感じる。かなりの破壊力をもったマークだと思う。


『刑法』 第252条
自己の占有する他人の物を横領した者は、
5年以下の懲役に処する


 あくまで真剣な刑法の条文も、最後にハートマークをつけるだけで一気にラブリーになる。「おしおきしちゃうぞ」という感じだろうか。そんなノリでいいのか。

 ちょっとそこにあるだけでかなりの影響力を放つハートマーク。この魔力に逆らってみたい。

 なんとかその雰囲気を打ち消したい。まずは100円ショップの文房具コーナーで見かけたこれだ。


ちくしょう…

 ハートが散りばめられたメッセージカード。やっぱりかわいいと思った反動で、「オシャレな」「ちょっとしたPOPやプレゼントに添えて」というコピーが押し付けがましくも感じる。

 このカードにネガティブなことを書いて、ハート柄のかわいさとせめぎ合ってみたい。


結構重大なメッセージ
地味にがっくりくる

 左側のカード、ごめんだけでは済まされないメッセージ。もしもカードを読んだ側がテンパッている状態だったなら、相当悲惨なことになる。これは大変だ。

 なのに、ハート柄だとやはりファンシー。問題の解決をよそに、重大なメッセージ性がやわらいでしまうのだ。

 右側のカード、内容は地味なのにかわいさを打ち消す度合いは高いように思う。腐った酢豚とハートマークとが、いい具合に拮抗している。かなりせめぎ合っている。

 続いてはこのシール。正しい商品名は「目かくしラベル」である。


問答無用のラブラブ感
オリジナルスクラッチを作れる

 普通のシールではなく、コインで削ると下に隠れていた字が見えるようになっているもの。よくクジであるスクラッチカードと言えばよいのだろうか、あれを自分で作れるわけだ。

 商品名の下に「くじ作り、ひみつに」と書いてある。ハート型のシールの方を使ってやってみよう。


「削ってみてね」と書いてあるハートマークにワクワク
ドキドキしながら削る

 かわいいハートマークのスクラッチ。ドキドキしながら削ってみると出てくるのが、これだ。


「蛸」

 かわいいマークの下から出てくる「蛸」。意味はわからないが、ハートのかわいさと蛸のどうしようもなさが、かなりいい線で拮抗しているのはわかる。

 ハートマークのかわいさにうまく切り込んでいってると思う。今度は違ったアプローチで攻めてみたい。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.