デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
どこでもハリウッド
こういうの見たことがあるでしょう(写真提供PDPhoto.org


ハリウッドといえば山のてっぺんの H-O-L-L-Y-W-O-O-D 看板だろう。

もちろん行ったことはない。ハリウッドにどんな店があってどんな気候なのかも知らないが、あの看板だけは知っている。あの看板があるところがハリウッドなんだろ。

ということは、だ。H-O-L-L-Y-W-O-O-Dをそこらにおいたらどこでもハリウッドになってしまうのではないだろうか。

僕には。(林 雄司



ハリウッドの作りかた

なんでハリウッドとか急に思ったのか忘れてしまったが、メモ帳にどこでもハリウッドと書いてあったのだ。テレビでハリウッドの景色でも見たのかもしれない。

アメリカの歴代大統領のでっかい彫刻も有名だが、あれはミニチュアでも作れないので気付かないふりをした。

実際の写真から文字をトレースして
「ハリウッドとか印刷してるよ、おれ」

HOLLYWOODと印刷してみるとその予想以上の野暮ったさに驚いた。もし母親がHOLYYWOODと書いたトレーナーを買ってきてしまったらどうしよう、とか余計な想像をして身震いした。

1ミリのスチレンボードをこの文字の形に切る。


ハリウッドを作るときにはカッターの刃に気をつけてね

ではこのハリウッドを立たせてみよう。立たせるには文字の裏に木工用ボンドで爪楊枝をくっつけるとちょうどいいぞ。ハリウッドが誕生する瞬間である。

何気ない景色が映画の都に変わる瞬間をご覧ください。


ゴミにかぶせるネットが
ほら、ハリウッド!

H-O-L-L-Y-W-O-O-D の文字のガタガタ感もまた本物のハリウッドっぽさを感じさせる。 確かにこんなだったよ、ハリウッド。そういえばそうだ、ハリウッド(以上、脳内会話より)。

自転車をこいでいるお母さんもこんな近くにハリウッドがあるなんて気付いていないだろう。

ハリウッドフィールドワーク

いろんな場所にハリウッド看板を置いてみた。置いてみると昔からここにあったかのようにしっくりくる。土の色、デコボコ感。あれ、もしかしてハリウッド?と思ってしまうこともしばしばだ。

新入社員なのにもう5年も働いているような雰囲気をもつ人がいるが、そんなものだと思ってもらえると分かりやすいかもしれないハリウッド。


線路際を歩けば
こんなところにハリウッド!
駐車場の向こうがあやしい
ほうらやっぱりハリウッド
カーブを描く遊歩道、気になるところを拡大すると
ハリウッド!
もう梅が咲いていた
足下見るとハリウッド
猫のおしっこくさいプランター
まさにハリウッド

もう終わってよかですか

自分がこんなにアメリカに憧れているとは気付かなかった。映画産業の街だというので日本で言えばきっと大泉(練馬区)とか砧(世田谷区)とか蒲田みたいな場所かもしれない。

だったら憧れる気持ちも分かるねハリウッド。

記念写真



 
 
関連記事
純喫茶、バンザイ(2ページ目から「ハリウッドスターが来る商店街」)
アメリカ横断ツアー in 都内
サンノゼでかいめし

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.