デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
洗濯洗剤は必要ないって、ホント?!

■全面的に、かなり奇麗だ

うわー!奇麗なんですけど奇麗なんですけど!!

 驚いた事に、4パターン全てでおおよそ汚れが落ちてしまった。凄い。ラー油と絵の具の汚れが目立つが、他の4種類はかなり薄い。

 これだけでも十分驚いたが、詳しく汚れを見て、各洗濯方法に洗濯得点を付けてみようと思う。差は出るだろうか。

 

■醤油汚れ

ほとんど汚れは残っていない。

種類 洗濯得点(100点満点)
1.洗剤標準 100点
2.洗剤半分 100点
3.水だけ 98点
4.クエン酸+ペットボトル 100点

すごい。ほとんど落ちてしまった。水だけの場合だけ、肉眼で見るとわずかに染みが見えるが、本当に微妙だ。本当によく見ないと判らない。100点にしてもいい気がする。

次はごま油だ。

 

■ごま油汚れ

写真だと判らない。肉眼でうっすら見える程度。

種類 洗濯得点(100点満点)
1.洗剤標準 95点
2.洗剤半分 95点
3.水だけ 92点
4.クエン酸+ペットボトル 94点

肉眼でしか見えない程度の汚れが残った。ごま油の汚れも全てのパターンで奇麗になっていた。うっすら残っているが、洗剤を標準量使った場合と大差がない。そういう訳で得点にも差が出なかった。

次はラー油を比べよう。楽しくなってきた。

 

■ラー油汚れ

全てのパターンで同じくらい残っている。

種類 洗濯得点(100点満点)
1.洗剤標準 45点
2.洗剤半分 43点
3.水だけ 40点
4.クエン酸+ペットボトル 43点

全体的に、洗う前とあまり変わっていない。3番の水だけの場合はやや色が強く残っている。流石に油汚れは水だけで落とすのは難しそうだ。ラー油なので色も強く残って目立ったようだ。4番は洗剤無しにしては頑張ったと思う。

 だけどよく考えたら、こんなに大胆にラー油で汚れる事はない。落ちなくても仕方ないんじゃないかと思う。さぁ、ケチャップとマヨネーズはどうなった?

 

■ケチャップ汚れ

全然見えない。凄い落ちちゃった。

種類 洗濯得点(100点満点)
1.洗剤標準 99点
2.洗剤半分 99点
3.水だけ 98点
4.クエン酸+ペットボトル 99点

 ケチャップの汚れ残りも差はない。全てのパターンで、写真には写らない程度にうっすら残っている。相当注意しないと見えない程度だ。よって点数も差がつかない。凄いぞ、水。

 

■マヨネーズ汚れ

肉眼で見るとほんのわずかに黄色い。各、左下の赤いのはラー油汚れです。

種類 洗濯得点(100点満点)
1.洗剤標準 97点
2.洗剤半分 96点
3.水だけ 95点
4.クエン酸+ペットボトル 95点

本当に微妙な差で、3番と4番の洗剤なしの場合にうっすら残っている。やはり本格的な油汚れは水だけで落とすのは難しいかも知れない。が、洗剤を普通に使った場合でもうっすら残っていた。点数的には2点しか差がつかない。

それでは、最後アクリル絵の具の結果を比べよう。

 

■アクリル絵の具汚れ

クエン酸+ペットボトルが圧倒的に強い。どういう訳だろう。

種類 洗濯得点(100点満点)
1.洗剤標準 30点
2.洗剤半分 28点
3.水だけ 25点
4.クエン酸+ペットボトル 70点

なぜかクエン酸+ペットボトルの場合が一番落ちた。70点を付けたが、もっと高い点数でも良いかもしれない。アクリル絵の具は乾くと耐水性になるので、普通に洗っても落ちないはず。それがここまで落ちるというのは驚きだ。クエン酸+ペットボトル、凄い。

 ただ、これだと色柄ものの場合は服の色が落ちてしまうような気もする。クエン酸を使う場合は気をつけた方が良いと思う。

以上、6種類の洗濯得点をグラフにして比べてみた。こんな結果で良いんだろうか。

 

■なんと、クエン酸+ペットボトルが1位


種類 洗濯得点(合計)
1.洗剤標準 466点
2.洗剤半分 461点
3.水だけ 448点
4.クエン酸+ペットボトル 501点


なんと、クエン酸+ペットボトルの場合がトップになってしまった。勝因はアクリル絵の具だ。そこで大きく差がついた。ただ、アクリル絵の具の点数を差し引いても大きな差は出ない。

洗剤標準
466(合計) - 30(アクリル絵の具) = 436点

クエン酸+ペットボトル
501(合計) - 70(アクリル絵の具) = 431点

 洗剤標準と洗剤半分にも大きな差は出なかった。わずか5点差だ。という事は、洗剤は半分でも十分汚れが落ちるという事ではないだろうか。

なんだよ、半分でよかったのか!!

 水だけの場合は油汚れがやや残ったが、今回の様な大胆な油汚れなんてそうそう無い。あったとしても洗濯前に部分洗いしたりするから、実際にはもっと差は縮まるだろう。

洗剤半分っていうか、水だけでもいいんじゃん!!

 

天気が良いからよく乾いたよ。

3番まで洗った状態。ラー油の汚れはほとんど変わってないね。

■エコとかロハスとか最初に言い出した奴ぁ誰かのう

 今回試した汚れなら水だけでも大体落ちるし、洗剤は標準使用量までは必要ない(みたいだ)。汚れのレベルにあわせて洗剤の量を加減したり、洗濯方法を工夫したりしてみるのもいいと思った。

 僕は週に1回か2回洗濯をしている。平均すると5日に1回程度だ。5日に1回30gの洗剤を使うとして、1年で2.2kgの洗剤を使う事になる。洗剤二箱分って事か。これが半分になると、年に一箱で済んでしまう。

 単純に日本国民全員が洗剤の使用量を1kg減らしたら、1年間で13万トン減らせる事になる。東京ドーム何杯分かは判らないが凄い量だ。

 僕の実家の方(鴨川市)では下水が無いので汚水が直接川に流されている。川が泡立ち、それが海に流れ込んでいる。

 もし多くの人が使う洗剤を減らしたら環境にも優しいかもしれない。下水処理のコストも下がるかも知れないし、下水の無い場所では河が奇麗になるかも知れない。

 エコとかロハスとか声高に言うつもりは全然無いが、使わなくてもいい製品を無駄に消費するってのはあんまり良い事だとは思えない。必要ないものを、習慣だからと無理に使う事も無いだろう。

 とりあえず僕は、使う洗剤の量を減らしていこうと思う。全く使わないと生乾きの匂いが心配だし、洗剤の匂いが好きなのだ。

 洗剤半分、1/3、洗剤無しでペットボトルを入れるなど、これからは色々試しながら洗濯を楽しんでいこうと思う。

■わかったこと

  • ラー油の汚れはとても落ちにくい。っていうか落ちない。
  • 洗剤の量にかかわらず、ラー油以外の汚れは大体落ちる。
  • 洗剤の量にかかわらず、汚れの落ち方に差はほとんど無い。
  • アクリル絵の具はクエン酸で落ちる。
  • ただ、色柄ものの色も落としちゃうかも。

 水だけで大体の汚れは落ちてしまった。つまり、洗剤を使わなくても日常の汚れ物は奇麗になってしまう感じだ。僕が聞いた話は本当だった。

 ラー油の汚れは落ちなかったが、これは洗剤を通常の量使っても落ちなかったから仕方ない。お湯で部分洗いをしておくとか、そういう、素敵な奥様的努力が必要だろう。

本当に落ちないならクリーニング屋さんに頼むという手段もある。なにせ洗濯のプロだ。

 クエン酸とかペットボトルで一工夫してみるのもちょっとは意味があるかも知れない。ペットボトルは会社のゴミ箱から拾ってきたので原価はタダだ。やっても損するわけじゃないから試してみるのも良いと思う。

※洗剤無しで洗濯を続けると、白いシャツに黄ばみが出たり、部屋干しの時に生乾き臭が強くなったりする場合もあるようです。部屋干しする時は普通に洗剤や漂白剤を使うなど、加減して洗剤を使うと良いと思います。

また、素材による汚れの落ちやすさもあるはずです。素材によっては水だけだと汚れが落ちないかも知れません。

洗濯機にペットボトルを入れると、ガコンガコン音がして心配になります。洗濯機が壊れるかも!と、心配な場合は真似しない方が良いと思います。


 
 
関連記事
おとなの工場見学(白洋舎編)
せんたくパニック
パンツを選択する

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.