デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
土佐犬の顔がこわい
荒波で波しぶきが上がる桂浜


犬はかわいくなる方向に進化することによって、人間との共存に成功した動物である。が一方で恐い方向に進化していった犬もいる。土佐犬だ。

土佐犬を見たことがある人はみな一様に
「あれは本当に恐い。顔だけじゃなくて全部恐い。」
と言う。

今回、高知に行く機会があったので、そのことを確かめて来た。

(text by T・斎藤



散歩とかしてない

高知の人は皆、普通に土佐犬を飼って散歩とかさせてるのかと思いきや、そうではないらしい。柴犬などのいかにもかわいいやつを散歩させていた。

はて、ではどこに行ったら土佐犬が見られるか?
調べてみたところ、坂本龍馬の銅像で有名な桂浜に「土佐闘犬センター」というのがあったので、そちらに行ってみた。


桂浜にある土佐闘犬センター
そしていきなり看板がこれである。

こわい

すごい怖さだ。
写真だけでこうなのだから、実物は一体どんな恐ろしさなのか?

ここは一階が土産物売り場、2階が闘犬場となっている。
みやげものコーナーでは、こんなかわいい土佐犬のぬいぐるみを売っていた。


ぬいぐるみだと、こんなにかわいくデフォルメされてるのだが…

写実的に描くとこう (こわい)

かわいい!!

こわい

さ、さて
では実物の土佐犬がいる闘犬場へと向おう。

すごい人気!
ストレートな看板

この日は春休み&日曜日ということもあってか、闘犬センターはものすごい人だった。みんなこんなに闘犬を見たがっていたとは。

最初私は、闘牛場のような屋外にある広々とした雰囲気をイメージしていたので、実際の闘犬場を見た時にはギョッと驚いた。


これが犬たちの闘いの舞台

アルティメット・ファイトのオクタゴンを彷彿させる、円形の檻。その雰囲気は、そう地下プロレスだ!(何言ってるかわからん、というかたごめんなさい)

地下プロレスとは漫画「タイガーマスク」などに出てきた、裏社会でひっそりと行われていてヤバいルールのプロレスのこと。檻の狭さとそれを取り囲む観客のムードが、私にそんなことを思い起こさせた。


でかっ!

そして犬がでかい。写真の犬は横綱犬で、体重80キロ以上。
土佐犬の中でも大型な部類だとか。

私より重いんだから、これに引っ張られたら止めるのはまずムリ。散歩させてる人がいない理由がわかる。

そしてものすごい貫禄のある顔!


この貫禄

参考までに普通の犬

やはり、土佐犬の顔が尋常じゃなくこわい。
普通の犬と比較してみると、あまりにも違いすぎて普通の犬がかわいそうなくらいだ。

土佐犬 (吠えてるところ)

普通の犬 (塀に登ってるところ)

と、ということで、土佐犬の顔はやっぱり怖いということが十分わかったところで、次は闘犬の試合の様子を見てみよう。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.