デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
ホームの座りにくそうなベンチめぐり


「椅子」とは、座るものである。人が座れるような、そして座ることを誘発するような形状を、普通はしているものだ。

でも世の中には「エヘッ?これが椅子?」と思っちゃうような椅子が、多数存在するのはご存知のとおりだ。

しかし、見た目は奇をてらっているようなプロダクトでも、座るとなかなか、「おーい姐さんビールと枝豆」と言いたくなるような座り心地のものもあったり、それゆえに素人目からしても人間工学というのは奥が深そうで興味深い。

と、かしこまって書いてはいますが、要は「エヘッ、あんな椅子、座ったらどうなんの〜?」という好奇心をそそられる物件にかたはしから座ってみました。今回は鉄道交通のベンチに的を絞って。

乙幡 啓子

ホームのベンチ 2つの流れ

まずは、JRの基本形を見ていただこう。


なんとイームズである

すっぽりと腰を受け止める流線型。なかなか座りやすそうだし、実際座りやすい。

こういうのは、おいといて。

で、その流れをくむかのように、ひたすら「人様のお尻、腰、ももなどのご都合に合わせて作ってあります」というベンチを、最近よく見かける。


座面からしてもう割れてます。
・・・。いいじゃない。

こういうのも、おいときます。

今回気になるベンチたちは、例えばこれ。都営大江戸線の各駅は各様に工夫がこらされているがそのひとつ、赤羽橋駅。


椅子って言われれば椅子だけど。

ここにくるとガラスの体がもらえそうな、そんなガラスだらけの内装の駅なのだが、ベンチの座面も厚いタイルガラスだ。

さて、椅子なので、眺めてないで座ってみないと始まらない。よいしょっと。


水のよう。こういうものは無条件にずっと見ていたくなる。
・・・背もたれだったのね、君。

背もたれがついている。見た目、「背もたれだなー」と漠然と思っていたのだが、座ってみてその実感はあまりない。背をもたれ、させたくない感じではある。痛いので。
座面も、 座りにくい!というほどではないが、あまり受け入れてもらえない感じである。

さて評価だが、以下のように★印+心地よさのイメージで評価させてもらおうと思う。あくまで主観だ。体の肉付きなどにも左右されるので、ほんと大目にみてください。イメージにいたっては自分でも何がなんだかだ。


赤羽橋駅・座りにくさ評価(★で5段階+イメージ)

見た目の、椅子と思えなさ ★★
見た目の座りにくさ ★★★
でも座ってみると?? ★★★
・・・取引先の会議室で、なかなか相手が現れずずっと座ってていいものかどうか迷っている感じ。

 

フューチャリスティック・オオエド

他、大江戸線には個性的なベンチがたくさんあって、どれも紹介したくなる。が、ここはぐっとこらえて、「座りにくそうなもの」だけに意地悪く焦点を絞りたい。

これなんかどうだ。飯田橋駅の物件である。


フューチャーだが武骨でもある。
でも滑り止め、という優しい面も。
背もたれ、悪くない。
人柄がいいので皆が寄ってくる、という、ラピュタのロボット兵のようでもある。

滑り止めを兼ねた座面が効いている。ここに腰を落ち着かせればいい、という安心感。背もたれも武骨そうだが太さがほどよいのでまあ悪くはない。


飯田橋駅・座りにくさ評価(★で5段階+イメージ)

見た目の、椅子と思えなさ ★★★
見た目の座りにくさ ★★★
でも座ってみると??
・・・居酒屋で4人席に5人組が通され、とりあえず通路側にかんたんなスツールをおかれ、しぶしぶ座っているうちなじんできてほろ酔い、な感じ。

 

さて次は、このベンチが地味にすごい。六本木駅のおしゃれベンチだ。


おっしゃれー。

さすが土地柄を反映した洗練されたデザインだ。では座ってなじんでみよう。


あれ?あれれ?

写真ではわかりにくいが、近くにお越しの際はぜひ座ってみるといい。
滑るのだ。

じっと動かずにいようとしても、なんの加減か、腰がじわじわと前に出て行ってしまう。
座面と背もたれの角度・幅、そして着ている服の摩擦係数によるものと思われる。
が、 同行者も確かに「滑る」と証言していたので、服よりもベンチのほうに原因があるのか。

怪奇スポットでよく「缶が上に転がっていく坂」があるが、あのテイストを思い出す。
「恐怖!何もしていないのに腰が滑っていくベンチ」だ。


六本木駅・座りにくさ評価(★で5段階+イメージ)

見た目の、椅子と思えなさ
見た目の座りにくさ ★★★
でも座ってみると?? ★★★★★
・・・キャンプに行ったはいいがテントスペースが満員で、山の斜面にテントを立てざるをえなくなって一日中ドリフのように滑っている感じ。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.