デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
廃線跡ドライブ
 


今からおよそ70年前、長崎は島原半島を小浜温泉へと向う鉄道があった。昭和13年に廃止。
レールがあったところは、現在道路となっている。

何も知らないでそこを通ると、
「なんか妙に道幅狭いなー」
くらいで通り過ぎてしまうかもしれない。が、
いったん廃線跡だと言われると、もう
「バリバリ廃線跡だよ!!」
と思うほど面影の残っている興味深い道だった。

そこをドライブに行ってきました。

(text by T・斎藤



 

かつて汽車が走っていたという道


道の駅ではない

国道沿いにこんな看板がポツンと立っている。
「駅の看板を模した、道の駅の看板かな」
と思ってしまいそうだが、これがかつて鉄道がここを走っていたことを示す石碑だという。

長崎市から小浜(おばま)温泉へと向う国道251号線。
国道沿いに走っていると、これが現れる。

線路があった道はやがて国道をそれ、海岸沿いの細い道へと進んで行く。すると、一気に廃線跡っぽさ抜群の道が迫って来た。

 

運転士気分が味わえる道

線路だ!
ここは元々線路があったところだ!

そういうムード満点な道で、運転していて嬉しくなってしまう。

道幅の微妙に狭い感じがリアルだ。



こ、このトンネル!!
廃線跡でなければ絶対ありえないような、機関車にジャストフィットのトンネル。かっこいい。

やはり幅が狭いので、トンネルの中では車がすれ違うことができない。対向車が来たら入り口付近で待つことになるのだが…

しかしこんな先の見えないトンネルも登場する。


先が見えない

トンネル内は暗く、明暗差があり過ぎるため、外からだと中の様子がぜんぜんわからないのだ。

対向車が来ないことを祈りながら、速度を落として恐る恐るトンネルに入る。


対向車来ないで〜

一方通行じゃないのが信じ難いくらい。
さすがは廃線跡だ。

ここでもし対向車が来たらどうするのか…?

どちらかがバックしてトンネルから出て道を譲るしかない。
私が通った時は、行きと帰りで計3回トンネル内で鉢合わせになってしまい、2回は相手にバックしてもらい、1回は私が戻った。廃線跡、けっこう大変である。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.