デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
駅に向けて発信する手作り風広告を追って


駅で電車を待つ間、ホームの向かい側に掲げてある広告看板をついしげしげ見てしまうものですが、その看板の列に混じって、妙な味わいの広告が掲げられていることがあります。主に居酒屋やパブなどの広告で、店が駅や線路に面しているのをいいことに、その店の裏壁にここぞとばかり貼り出す広告。超リーズナブル。

わかりにくいかもしれませんが、けっこうそういう看板、味わい深くて好きなんです。

乙幡 啓子

あの看板への険しき道のり

そんな看板を効率よく求めるとなると、沿線の環境をよく吟味して攻めて行かねばならない。
「“ここぞ”広告」(今、名づけた) の出現しやすいところといえば、

  • 線路に家並が迫っている
  • しかも駅に背を向けた家並
  • その家並も年季が入っていて味わい深い感じ
  • 多少猥雑な雰囲気?

かといって、私鉄沿線など想像して西武線など乗ると、住宅地&高架&畑、という風景ばかりになる。

そこで狙ったのが・・・東武線だ。いつもお世話になります。


このように前面かじりつきとなる(写真は東急線です)。

上の写真のように、車両最前に陣取って、左右の風景をチェック。それっぽいものにあたれば、下車。

しかし、看板、看板、と探すうち、よくわからなくなってくる。あれ、あれもそうじゃないか?


違います(写真は山手線沿線です)

筆書きではあるが、看板自体は制作にお金をかけ、場所代もかかっているものであろう。やけに堂々としているし、あれは目指す看板ではない。

実は他に、山手線や中央線、南武線も回ってみたが、確かな手ごたえを得られなかった。中央線などは、自分が昔住んでいたころにたくさん見かけたと思ったのだが、高架工事中につき発見できず。南武線はもとが私鉄の南部鉄道であり、あの雰囲気からして期待していたのだが。

どどどうしましょう、と頼みの綱、東武線に乗る。


この雰囲気・・・

ザクザク見つかった。東武線は「ここぞ広告」の本場だ。他にもいろいろ本場ではあるけど(木のベンチとか)、またもその名に栄冠をひとつ付け加えることとなった。


場所に合わせて大きさを変えられるのが利点ですね。
横幅ぴったり。「心と体」「夢と可能性」「古くて新しい」連立表現がお好きなようだ。

もはや看板かどうかさえ。

2枚構成。字面が男臭くてたまりません。右側の「後から付け足し」感もぐっときます。
「来てみやがれ」と高飛車に言ってるのかと思ったら、違いました。

今回のキング。いろんな情報が未整理のまま詰まってます。しかも布。

「↓ココ」とだけ書いてある看板を昔、見かけた気がする。
そんな表記も、「ここぞ広告」ならではの手軽さ・適当さがにじみ出ていて、ぐっとくるのです。

しかし探すとなると、全部の路線を乗りつぶさねばならず、けっこう道は険しかった。
引き続き調査して、またここで一気に紹介したいと思います。

私も駅直近の(そして駅に背を向けた)物件を借りる日がきたら、やたら広告を出しまくりたい。


 
 
関連記事
電柱広告を出そう
居酒屋の看板みたいにする
沖縄 ペンキじか塗り看板の謎

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.