デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
タモリのカレーを食べた、作った

会場は、河原です

というわけで、連休の最中ではあったがデイリーライターの皆さんに声をかけたところ、12名ほどの参加者が来てくれることになった。

是非、皆さんにタモさん直伝のおいしいカレーを食べてもらいたい。私だけがいい思いをしたのでは申し訳ないではないか。

それにしても、12人分のカレーなんて作るのは初めてだ。しかも野外ときた。ものすごく不安ではあるが、これさえあればたぶん大丈夫だろう。


イベント当日、おみやげとしてもらったパウチ済みの完全レシピ(pdfデータです)

このレシピには4名分の材料が記されているため、この3倍の分量でなんとかなるはず…だったのですが。

一体、なにがいけなかったんだろう。


河原ではミキサーが使えないため、家でトマトをミキサーにかけたものをジップロックに。
鶏もも肉も、分量通りのスパイスを揉み込んで、あとは焼くだけ。準備万端。
炒め玉ネギも、タモさんの言う通りに買ってきました。ここにもあれこれスパイスを入れて炒め合わせます。
とろけるチーズなど、その他の材料を鍋に入れたら、いざ河原へ!

 

余裕ゼロ

まず、河原に着いたら鶏肉を焼く作業から始める予定だったのだが、ここでひとつ、フライパンを忘れるという失敗を犯したことに気が付いた。

仕方がないので、玉置さんが「米を炊こうと思って持ってきた」という鍋を借りることに。


すみません、鍋、洗って返せないところも、すみません。
傍らに湯を沸かし、そこへ炒めた鶏肉を投入。
さらに、ミキサーにかけてきたホールトマトと、
マンゴーチャツネ、赤ワインを投入

続いて「おたま」を忘れるという大失態を犯したことにも気が付いた。野外初心者のダメなところばかりが出ている。大丈夫か。ここは家じゃないんだぞ。

それにしても、こんなに物を忘れてばかりでカレーなんて本当に出来るんでしょうか。


不安な気持ちをビールに投影。…とりあえず飲もう!

タモリさんも「ビールを飲ながらじゃないと、おいしいカレーは出来ない」と力説していたことですし、ここは遠慮なく買ってきたビールを飲むことに。

野外での料理は、豪快にいこうじゃないか。


炒め玉ネギなど、スパイスが入ったルウを加えます
他の調味料を全部入れたら、あとは2時間ほど煮込むだけ!

「あのー、玉置さん。タモさんのカレーって、最初っからこんなにシャブシャブでしたっけ?」
「……」

普段から寡黙な玉置さんだが、いつにも増して言葉が少ないのが気にかかる。もしや、私の準備不足を怒っているのだろうか。

「ま、煮込めば大丈夫だろう」ということになり、ここで鍋の番を玉置さんに任せ、忘れた物の買い出しに出かけることにした。


買ってきたおたまでアクをすくいながら、
ちょっと味見などをしてみたのですが…。

 

原因が分かりました

そういえば、タモリさんも作りながら味見をして「うーん、コクが足りないな」とか言いながら、炒め玉ネギを追加するなどして味の調整を図っていた。

ところ変わって、ここは河原だ。「うーん、コクが足りないな」と思っても、もう足せるものが手元に何もない。塩しかない。

カレー粉とクミンとターメリックは持って来ていたのだが、他にコクの出そうな調味料など一切ない。もうお手上げ状態なのだ。

ああ、失敗だ…。このカレーにコクは出ない。

ガックリと肩を落としたところに、参加者がどんどんやって来た。もうダメだ。おしまいだ。


続々と集まるデイリーライターの皆さん
カレーが出来るまで、持ち寄った食材を焼き始めます

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.