デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
江戸川に浮かぶ妙見島
戦艦の様にも見える妙見島下流部分。格好良い。


 東京と千葉の境目を流れる江戸川はつまり、葛西と浦安の間を流れている。東京メトロ東西線は南砂町から下りは地上を走っていて、葛西-浦安間で江戸川をまたぐ青い鉄橋を渡る。

その鉄橋から島が見えるのだ。

 名前は妙見島という。江戸川に浮かぶ小さな島だ。23区内に存在する島、妙見島を訪ねてきました。

(text by 松本 圭司

浦安駅から葛西方向を目指して歩く。正面方向が妙見島。

■妙見島へ行こう

 妙見島は古くからある島で、住所としては東京都江戸川区東葛西3丁目にあたる。

 コンクリートで護岸される前は水の力で浦安方向と下流方向へ僅かずつ移動していたらしい。現在でも移動しているという説もあるが定かではない。

 

今はまだ千葉県。あと3歩で東京都。県境って楽しい。
 

最寄り駅は東京メトロ浦安駅。駅から西に向かって10分ほどで島の真上を走る浦安橋を渡ることが出来る。

 島の手前、浦安寄りに東京と千葉の境界線があった。妙見島は30mほど東京寄り位置している。やはり東京都なのだ。


浦安橋から妙見島の東岸を撮影。右が浦安である。こうして見ると結構広い様に見える。

■妙見島に上陸する

橋の中程に、島に降りる階段とスロープがある。降りたらそこはもう妙見島である。


妙見島の入り口。

降りるとそこは妙見島。徒歩で上陸。

狭い道をダンプやトラックが走り抜ける。

 島自体には一応徒歩で入れるのだが、なにせ車が、それもダンプやトラックがガンガン走っていて怖い。運転する方もあんまり歩行者の存在を意識してない様子なので、徒歩や自転車で訪れる場合は気をつけた方が良いだろう。道も狭く、見通しの悪い曲がり角などは特に注意だ。


東側の測道を自転車で走る。

■まずは島の東側を攻めてみる

 島の東、つまり浦安側には、北(江戸川上流方向)へ向けてアスファルトの道路が走っている。そこをダンプがガンガン通って大変に怖いので、一段上の歩道を進んだ。

 葛西側よりも広い浦安側の江戸川を臨むと、そこには屋形船が浮かんでいた。遠くから「ガーン、ガーン、ゴーン、ゴーン」と重機の音が聞こえてくる。

なんとも工業な島だ。インダストリアか。

浦安側の江戸川を、島の東岸から。対岸に屋形船が係留されていた。

 進むと工場があった。浦安は工場を建てられない様に決まっているが、ここは葛西なので工場を建てることが出来る。浦安にもっとも近い工場地帯といえるかも知れない。

工事中の場所も多く、重機が何台も動いていた。

マリーナニューポート江戸川。島の北側にあるマリンクラブだ。中には、島で唯一のレストランもある。

工場の壁にバラ科っぽい花が咲いていた。

ここは丁度マリーナニューポート江戸川の向かい。後ろをダンプがガンガン走っていて怯えながらの撮影。

妙見神社。北極星を奉っていて、古くは弓矢の神として信仰されたという。DPZの発展を祈願。

■工場ファン必見のタンクなど

 妙見神社でお参りをして、更に細い道を進んだ。道の終点は月島食品だ。そこには妙な形の設備や、タンクがズラリ並んでいて工場ファンならずとも興奮の情景が広がっていた。

も、萌えー。


格好良い。なんの為の設備かはわからないけど。

手が届きそうな位置にあるタンク。立ち入り禁止が惜しまれる。

 

道路の補修をしていた人たちに、明らかな不審の目を向けられたが気にせずに工場萌えを楽しんできた。満足。

では、今度は島の南側と西側を攻めてみよう。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.