デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
笑っていいとも!」ごっこ

お昼時に電話がかかってきて、タモリさんから「明日来てくれるかな?」と聞かれたらどうしよう。とりあえず「いいとも」と返しておかないとまずいだろう。でも、行ったところでタモリさんと何を話したらいいのか。しかも観客の前でなんて凄く緊張しそうだ。ああ、どうしよう。

もちろんそんな事はあり得ないので心配の必要はないのだが、「笑っていいとも!」のテレホンショッキングに出たような気分を味わう事くらいは出来るかもしれない。

試してみた。

(text by 住 正徳



テレホンショッキングをバーチャル体験する

本日、5月17日のテレホンゲストは村上ショージさんだ。昨日のゲスト、ウエンツ瑛士さんからの紹介である。今回、テレホンショッキングをバーチャル体験するにあたり、このお二人の間に割り込もうと思う。

昨日、ウエンツさんが村上さんに電話をかけている画面に合わせ、あたかも僕にかけてきているかのように振る舞ってみた。


「元気ですか?」とウエンツさん


「こないだはどうも」と僕


「明日来てくれるかな?」とタモリさん


「いいとも!」と僕

これでテレホンショッキングへの出演が決まった。 もちろん妄想ではあるが、出演した気分を味わう為に手を尽くしてみよう。

電報を打つ

テレホンショッキングといえば電報だ。ゲストの友人や知人からお祝い電報が届き、それをタモリさんが読み上げたりするのだ。僕も電報をもらいたい。しかし、本当に出演する訳ではないので、誰かに頼む訳にもいかない。自分で自分に電報を打つ事にした。


電話で電報を注文

115番に携帯から電話をかけて電報を注文した。対応してくれたのは、いかにも生真面目そうな女性オペレーターだった。祝電だったら毛筆書体がいいと薦められたので、毛筆の漢字電報にした。台紙はドラえもんのシルクハットバージョンを選び、電報に打ってもらうメッセージを伝えた。

「笑っていいともご出演おめでとうございます。今度、例のお店に行きましょう」

オペレーターに2回復唱されて、恥ずかしさのあまり電話を切ってしまいそうになったが、そこはグッとこらえた。「今度、例のお店に行きましょう」としたのは、それをキッカケにタモリさんとの会話が弾むように、という気遣いである。



「笑っていいともでよろしかったですか?」とオペレーター
(イメージ図)


宛先が新宿アルタじゃなかったり、差出人と受取人が一緒だったり、ちょっと考えればおかしなところはある。それでも、住正徳という人が「いいとも!」に出るんだ、オペレーターの女性はそう信じたに違いない。本当は村上ショージさんだけど。



そして2時間後、事務所に電報が届いた。


電報が届いた

シルクハットがフタになっている

フタを開けると中から「いいとも!」出演を祝うメッセージ

全44文字、ドラえもん台紙代金もいれて総額3318円であった。3千円とちょっとで、だいぶテレホンショッキングに出演したような気分を味わう事が出来た。



花環の手配

電報の次にテレホンショッキングな気分を高めるグッズといえば、そう、花環である。大抵、花環が並んでいる。あれをもらったりすれば、更に出演したような気分になれるはずだ。

ネットで検索して、事務所の近所に花環を取り扱っているお店を見つけた。早速、電話をかけて問い合わせてみた。

「新装開店の時に飾るような花環はありますか?」
「ええ、扱ってます」
「開店以外のお祝い事でも対応可能ですか?」
「例えば?」
「祝、ご出演みたいな…」
「あ、いいともですか?」

問い合わせた東都花環セレモニーサービスさんは、しょっちゅう「いいとも!」に花環を納品しているらしい。偶然ではあったが、本物と同じ物を手配する事が出来るのだ。ファックスで文面を送るよう指示を受け、納品先について確認された。

「納品先はアルタでいいんですね?」

アルタではない。五反田の事務所までお願いします、と告げると何度も聞き返されてしまった。聞き返されたところで、アルタに納品されてしまっては困るのだ。今日のゲストは村上ショージさんで、住正徳なんて男は呼ばれていない。

事情を説明してようやく分かっていただき、五反田の事務所に花環を届けていただく事になった。


脚を組み立てる東都花環セレモニーサービスさん

壁に立てかける

豪華な花が取り付けられる

いつもは新宿のアルタで組み立てているのに、今日は何故か五反田だ。しかもエレベーターホールである。エレベーターホールで組み立てるのはこれが初めてだ、と言っていた。


組み立て始めてから10分程度で、僕のいいとも出演を祝う花環が出来上がった。



デイリーポータルZから贈られた花環


本当に呼ばれたような気分になってくる。
100分の1アンケートは何にしようか、真剣に考えないといけない。




いいとも出演、プライスレス

テレホンショッキングに出演したような気分を味わえるこの花環、お値段は15000円である。しかもリースなのですぐに返さないといけない。「いいとも!」の場合、午前中に組み立てて、番組終了後には撤収してしまうという。それでも15000円。まあ、お祝い事なのでいい値段がするのだろう。僕の場合、全部妄想なので15000円分の空しさが残ってしまったけど。



 
 
関連記事
テレビのようなホームページ
韓国のテレビに出ます
ハイッ!こちらバックネット裏!!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.