デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
メロンでブランデーグラスを作る


「メロンにブランデーを注ぐ」という飲み方がある、と人づてに聞いた。調べたらけっこう有名なレシピではあるらしい。メロンをスライスしてそこにブランデーをふりかけて食べたり、メロンを半分に切ってくりぬきそこにブランデーを注いで飲んだり、果ては夕張ではメロンブランデーというお酒を開発したり、メロンとブランデーは相性がいいようだ。ちっとも知らなかった。

ふだんブランデーは飲まない、というかどちらかといえば苦手なほう。でもメロンと合わさると、なんだかうまそうだなーと思う。やってみようかなー。

ならばいっそのこと、こんなふうに試してみてはどうだろうか。メロンをブランデーグラスに変身させて。

乙幡 啓子

ブランデーグラスといえばあの形、だが

というわけでさっそく、ふだんはめったに買わないメロンを張り切って買ってきた。夕張産、ではないが山形は庄内砂丘産の鶴姫という品種だ。


包丁を置くと、桃太郎でも出そうな雰囲気。

うろ覚えじゃなくて、ネットででも調べたらどうなんだ。

かたやブランデーはV.S.O.P.とまではいかず、近所のオオゼキ(スーパーのことです)で千円ほどのものを買ってきた。しかし生涯初のマイブランデーである。

さて次に、グラスのデザインだ。ブランデーグラスといえば、あの金魚鉢みたいなものだろう。

うろ覚えでラフを描いてみるに、どうもあの曲線を果物で表現するのは難しそうだ。足をつけるのも不可能だろう。よって足無しの、本来ならオンザロックに使われるオールドファッショングラスを作ってみることにした。まあグラスっぽいものを作れれば満足なのだ私は。

包丁を入れ、中の種やあのグジュグジュをかき出す。


この作業はけっこう好きです。
こうやってメロンを剥くのは初めて。

かつら剥き。カットガラスを意識しています。

あのグラスを頭に描いて、そのとおりの形が現れるように包丁で削っていく。メロンを片手に持って作業するわけだが、意外とメロンはしっかりとした重みがあるので、手が非常に疲れる。つりそうだ、手のひらが。

この削った果肉は、あとでこのグラスの中に沈めて食べることにしよう。

北海道の人はメロンを半分に切って、そこにドバッとブランデーを注いで黒田節のように豪快に飲むという。郷土の名産を器代わりにして酒を飲む、というのはイカ徳利もそうだし日本全国にけっこうある(あまり調べてないが)。

そうなると、わが故郷群馬はどんな器が考えられるだろう。キャベツ?漏れそうだ。こんにゃく?テーブルに置けないな。

などとつらつら考えているうち、完成した。さあ、気になるお味はいったいどんなものだろう?

できるだけ厚さを減らして。
イメージはクリスタルガラスです。足元にカットを入れてます。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.