デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
水車がでかい

もちろんダムもでかい

 あれは岐阜県のダムをめぐっているときのこと。

巨大なダムで歩き疲れ、休憩のために立ち寄った道の駅にそれはありました。

あんなに大きなモノは今までに見たことがありません。

なんと、それは日本一の大きさだったのです。

萩原 雅紀



まずは大きなダムからどうぞ

その日、僕は岐阜県の南部、木曽川や土岐川流域のダムをめぐっていました。

このエリアは、年代や形式が様々な巨大ダムがひしめいていて、充実したダムめぐりをすることができます。


例えばこんなステキなダムや(丸山ダム) こんなシビれるダムなど(大井ダム)

中でも僕が特に心を奪われたのは、このあたりでもひときわ大きい小里川(おりがわ)ダム。

2003年に完成したばかりで、そそり立つ壁に水を導く役目のぶっとい円柱を埋め込むという、まるで神殿を思わせるその大胆なデザインにくらくらします。

国交省がこのデザインにゴーサインを出した、というだけで中央省庁再編は間違いじゃなかった、という気さえしてきます。


そそり立つ神殿 21世紀のインダストリアルデザイン

しかもこのダム、円柱の途中にバルコニーが設けられていて、ダムの中のエレベーターに乗ってそこへ行くことができるのです。これには参りました。

そんなサービス、見たことも聞いたこともありません。


途中にあるあのバルコニーに行ける ダムの中の通路を歩いて
手作り感がぐっとくるピクトグラムを見ながら進むと 艶かしい太股が目の前に
見上げるとこんな場所 ここね

…とまあ、小里川ダムの魅力にメロメロとなり、気がつくとかなり歩き回って疲れていたので、なにか甘いものでも食べようと、このダムの湖畔にある道の駅に向かいました。

そしてそこに、この記事の本題となる、でかいあいつがいたのです。


観覧車?

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.