デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


チャレンジの日曜日
 
最初の3曲限定!オススメCDアルバム大紹介!
 


CD

よく聴くよね。


僕もCDはよく聴くので
みんなにオススメしたいCDは
い〜っぱいあるんだけど、

CDってアルバムだと
なかなか最後まで全部
聴ききれないものだよね。

つまりどういうことかというと、
CDのアルバムって、
つけてから最初の内はちゃんと聴いてたとしても
やがて なんか
テレビを見たり、ネットしたり、お出かけしたり
別のことを始めちゃったりして、
なんだかんだで
最初から3曲くらいまでしか聴かない
っていうようなケースが
すごく多いんじゃないかしら。

ってなわけで、今回は!!

いっそのこと
そんなCDアルバムの
最初の3曲だけを対象として、

 いろんなタイプごとの
 みなさんに対しての
オススメ CDを
紹介してしまいたいと思います!

(text by ヨシダプロ



そんな
最初の3曲限定CDアルバム
でございますが、
そもそも
アルバムの最初の3曲っていうのは、
アーティストの方々的にも
そのアルバムにリスナーを聴き引き込むための
ツカミとして
かなり気合入れて作っているはずですので、
最初の3曲をあらためてフィーチャーしてみることは
それはそれで
意味のあることなのではないかと思います。

ではそんなこんなで、

みなさん
いろんなタイプの方がいらっしゃるかと思いますが

そんなみなさんのタイプごとに、

最初の3曲だけ限定での
オススメCDアルバムを
紹介していきたいと思います!!

 ※ちなみに、
  今回のランキングにおいては
  いわゆるベストアルバムは、
  曲のラインナップがあまりにベストすぎてズルイので
  ランキングの対象外と
  させていただいております。

   

            「対象外 残念っちゃ…」


ではさっそく
発表していきましょう!!
  キミの好きなCDもランクインしているかもよ!
  (なんかんだで主観的になっちゃってたらメンゴ★)

 

<いま弱ってる と実感したいキミにはコチラ!>

●コブクロ
「NAMELESS WORLD」

1. Flag
2. 桜
3. 六等星

コブクロの歌ってホント
励まされますよね。
「桜」をはじめ
冒頭のこの3曲だけでもかなり励まされてしまいます。

コブクロを聴いて励まされてると
「あ、僕いま 弱ってるんだなぁ」
と実感ができていいですよね。 


 

<メガネが曇るほど興奮したいキミにはコチラ!>

●サンボマスター
「サンボマスターは君に語りかける」

1. 歌声よおこれ
2. 青春狂騒曲
3. これで自由になったのだ

どれがシングル曲だったか
わからなくなるくらい
どれもシングルカットしていいような
見事な出だしの3曲です。
見事に
かなり語られる感じになります。
さすがメガネロックの真髄です。

メガネのみなさんは
ちょっと聴いただけで
メガネが曇ってしまうほど興奮してしまうこと請け合いですので
ぜひ聴いてみてくださいね。

 

<PASMOに依存してるキミにはコチラ!>

●バンプオブチキン
  「ユグドラシル」

1. asgard
2. オンリー ロンリー グローリー
3. 乗車権

 2曲目のアルバム版「オングロ」もたまりませんですが、
そのあと一気にたたみかけてくる
「乗車権」とかやばいですよね。
この曲の持つシリアスな世界観とか大好きです。

この曲を聴くと
いつも使ってるPASMOが
すごく能天気なものに思えてきます。

 

<TOEICに取り組んでるキミにはコチラ!>

●エルレガーデン
  「ELEVEN FIRE CRACKERS」

1. Opening
2. Fire Cracker
3. Space Sonic

このCD!
俺たちも大好きな
エルレガーデン「ELEVEN FIRE CRACKERS」!!!

1曲目はなんか音だけなんだけど、
2曲目「Fire Cracker」
で、そして
3曲目はおなじみの「Space Sonic」

超ヤバすぎる美メロにのって
TOEIC並みに
ガンガン英語が耳に飛び込んできますので
みなさんもぜひ聴いてみてくださいね!!!

 

<多摩から世界の果てに行きたいキミにはコチラ!>

●Mr.Children
「I LOVE U」

1. Worlds end
2. Monster
3. 未来

アルバム冒頭1曲目「Worlds end」の
1音目のジャガジャーンだけで
もうアハンです。
多摩から一気に
世界の果てまで連れて行かれてしまいます。
この曲ミスチルのアルバム曲では一番好きかもしれません。

2曲目の「Monster」はまぁわりとアレなんですが、
3曲目のポカリのCM曲だった「未来」を
ポカリを飲みながら聴けばすっかりそれも補うことができます。
ってなわけで
珠玉の3曲だといえるでしょう。

 

<京王線をつかってるキミにはコチラ!>

バンプオブチキン
  「jupiter」

1. Stage Of The Ground
2. 天体観測
3. Title Of Mine

まずしょっぱなは
その高揚感あふれる前奏から痺れてしまう
「stage of the ground」。
それですっかり
多摩の大地の真ん中に立ち尽くしているような気分になっていると、
そこに電車の轟音のような前奏が迫ってきて
2曲目のおなじみ「天体観測」!!

あぁもう
午前2時には最寄の京王線のフミキリに望遠鏡かついでいっちゃいます。

そして3曲目の「Title of mine」では聴くたびに
その英文法所有格表現っぷりから
俺のミクシィオブマイン(マイミクシィ)のことを思い出してしまうのです。
みごとな3曲です。

 

<会社で居場所がないキミにはコチラ!>

●浜崎あゆみ
  「A Song for ××」

1. Prologue
2. A Song for ××
3. Hana

あゆはすごく歌詞がいいですよね
この2曲目の「A Song for ××」すごく好きです。
この歌で、
新入社員時代当時
会社で居場所がなかった僕を
あゆは優しく肯定してくれたものでした。

まぁ
現在も
居場所はないんだけどね★

 

<出会いがないキミにはコチラ!>

●trf
「BILLIONAIRE」

1. BILLIONAIRE
2. Le Bleu
3. BOY MEETS GIRL

やはりこのCDでは3曲目の
「BOY MEETS GIRL」ですね。
この曲、受験生時代にずっと聞いていたので
聴くたびに受験生時代のことを思い出してしまいます。
その頃は受験こそ人生の宝探しでした。

出会いは
ありませんでした。

 

<エルレとバンプを足して2で割りたいキミにはコチラ!>

●RADWIMPS
  「RADWIMPS 4」
1. ふたりごと 一生に一度のワープ ver.
2. ギミギミック
3. 05410-(ん)

 

こちらの最初の3曲は
「ふたりごと」「ギミギミック」「05410-(ん)」
なんですが、
その歌のタイトルだけからも察せられますが、
RADはその言語(造語)感覚も非常にセンスあふれるものがあります。

ちなみにボーカルの野田くんの声は
エルレとパンプの声を足して2で割ったような
感じです。
ですので
エルレとバンプが好きで
足して2で割りたいと思っている方は
絶対にグッと来るはずですので
ぜひ聴いてみてくださいね。

 



……………………………………………………………………………………………

<R&Bに目覚めてないキミにはコチラ!>

●宇多田ヒカル
  「First Love」
1. Automatic(Album Edit)
2. Movin’on without you
3. In My Room

 

ミリオンリスナーとしては
この日本で一番売れたアルバムももちろん持っているわけですが、
日本のミュージックシーンに衝撃を与えたシングル
2連発には当時かなりやられました。
それ以来おかげで僕も
すっかりR&Bに目覚めてしまったのでした。

まぁ
目覚めただけでとりたてて何もしてはいないんですけどね。

 

<最近 歯が痛いキミにはコチラ!>

●GReeeeN
  「あ、ども。はじめまして」

1. 道
2. Day by Day
3. 愛唄

1曲目の「道」もすごくいいですが、
やっぱり3曲目の大ヒット曲「愛唄」ですよね。

この前、歯が痛くて多摩の歯医者に行ったところ
そしたら「よくわからない」と言われてしまったので、
歯科大生である彼らに
ただ笑って泣いて治療されたいものです。

 

 

<おとなしくないキミにはコチラ!>

●エルレガーデン
  「Pepperoni Quattro」
1. Supernova
2. スターフィッシュ
3. Make A Wish

 

このしょっぱなの3曲は
エルレのライブでもおなじみの3曲です。
ライブではおなじみ
とか言っておりますが
ライブって行ったことありません。
だってエルレのライブって
ダイブとかモッシュとかあるんですってよ。
ダイブやモッシュがなんのことだかはよくわかりませんが
なんか怖そうなんだもの。
おとなしい人だけ限定のライブがあったらぜひ行きたいです。

 

 

<つい踊りだしたいキミにはコチラ!>

●オレンジレンジ
  「musiQ」
1. KA・RI・SU・MA
2. チェスト
3. ロコローション

 

レンジいいよね。
聴くと一気に元気が出るよね。
「ロコローション」なんて
耳にしただけで
なんかいい感じになって
つい踊りだしたくなっちゃうよね

まぁ
踊りださないけどね。

 

<ラップにやられたくないキミにはコチラ!>

●globe
  「globe」
1. ギヴ・ユー
2. フィール・ライク・ダンス
3. ゴナ・ビー・オールライト

 

冒頭から
globeの名刺代わりとばかりに
「フィール・ライク・ダンス」をはじめとする
ダンスミュージックの連発に
一気にやられましたね。

でも
マークのラップには
別にやられませんでした。

 

<あらためて衝撃を受けたいキミにはコチラ!>

●X
  「Jealousy」
1. エス・ドゥアーのピアノ線
2. サイレント・ジェラシー
3. ミスキャスト

 

「サイレント・ジェラシー 」「ミスキャスト」 と、
Yoshikiの激しすぎるドラムと
Hideのアグレッシブなギターには
かなりの衝撃を受けたものですが、

それ以上に
現在のToshiは
かなり衝撃的なものがあります。

 

<ペーパードライバーでないキミにはコチラ!>

●ケツメイシ
  「ケツノポリス4」

1. ドライブ
2. 歩いてく
3. さくら

 

このCDを車内で聴くと
1曲目から一気に
ドライブモードになれますよね。
3曲目の「さくら」もたまりませんですし。
とにかくドライブには最適な一枚です。


超ペーパードライバーなんで
ドライブなんてしないんだけどね。

 

 

<新宿が嫌いじゃないキミにはコチラ!>

●椎名林檎
  「無罪モラトリアム」
1. 正しい街
2. 歌舞伎町の女王
3. 丸の内サディスティック


「正しい街」も好きだけど
やっぱ「歌舞伎町の女王」だよね。

で僕ときどき
歌舞伎町の新宿ロフトプラスワンにて
イベントをやらせていただくことがあるので、
新宿歌舞伎ボーイと誤解されがちではあるのですが、
普段は僕あんな刺激的な街
まったくもって行ったりしませんので
その辺は誤解のないよう
どうぞよろしくおねがいいたします。

 

<メガネがズレがちなキミにはコチラ!>

●アジアンカンフージェネレーション
  「君繋ファイブエム」
1. フラッシュバック
2. 未来の破片
3. 電波塔

 

1曲目「フラッシュバック」の終わりから
間髪いれず2曲目「未来の破片」になだれ込んでいく流れが
たまりません。

あの部分を聴くたびに
その衝撃でいつもメガネがズレてしまいます。
さすがメガネロックです。

 

<なんか叩きたいキミにはコチラ!>

●WANDS
  「時の扉」
1. 時の扉
2.このまま君だけを奪い去りたい
3.星のない空の下で

 

時の扉をたたいていたら、いきなり
DEENの曲が始まって
一気にWANDSにメロメロになれるぜ。

さぁ、
キミも時の扉をたたいてごらん。

 

 

<インドアなキミにはコチラ!>

●B’z
  「THE 7th BLUES」
1. ラヴ・イズ・デッド
2. おでかけしましょ
3. 未成年

 

冒頭3曲にシングル曲はないんですが、
激しく疾走感のある1曲目と2曲目
すごく好きです。
特に2曲目の「おでかけしましょ」は
インドアなので
すごく身につまされるものがあります。


でかけませんけどね。

 

<兄弟の仲が悪いキミにはコチラ!>

●oasis
  「(What's The Story) Morning Glory?」
1. Hello
2. Roll With It
3. Wonderwall

 

兄弟仲が悪いのに
世界中でも売れまくったこのCD
とくに
3曲目の「Wonderwall」は神曲ですね。
4曲目の「Don't Look Back in Anger」も入れられたら
このCDは
僕にとっての全洋楽の中では第1位かもしれません。

って
洋楽は3組くらいしか聴かないんだけどね。

 

<世間知らずだったキミにはコチラ!>

●Mr.Children
  「ボレロ」
1. プロローグ
2. エヴリシング(イッツ・ユー)
3. タイムマシーンに乗って

 

最初の音の後、おなじみのイントロ一発目のドラムで
一気に「エヴリシング(イッツ・ユー) 」にもってかれます。
で、さらにそのあとの
「タイムマシーンに乗って」って曲も大好きです。
ミスチルのこういう曲すごく好きです。

え、
どういう曲かって?
どういう曲かって言われても答えにくいんだよ。

 

<おっぱっぴー!なキミにはコチラ!>

●Arctic Monkeys

「Whatever People Say I Am, That's What I'm Not」

1. VIEW FROM THE AFTERNOON
2. I BET YOU LOOK GOOD ON THE DANCEFLOOR
3. FAKE TALES OF SAN FRANCISCO

 

この1曲目と2曲目は最強ですね。
そりゃこの夏にあのサマソニのトリも勤めるよね。
(サマソニとか言ってるけどもちろん行ってないけどね!)
まだ若いのにこの子たちったらホントすごいわよねぇ

で、
そんなアークティックモンキーズ
もともとは
ネット発で人気が広まっていったらしいよね。
そういう意味じゃ
ネットの動画から人気に火がついた。
「おっぱっぴー」の小島よしおと同フォルダだと言えるね。

でも
そんなの関係ないね。

 

 

はい。

というわけで
いかがでしたでしょうか
今週の
「なんか偏ってるね」。

ってなわけで
今回はこのように
きわめて主観的な内容となってしまい
誠に申し訳ありませんでしたが、

これを機に
ぜひキミの好きな
最初の3曲限定CDアルバムも
俺に教えてくれないか。

お手数ですがよろしくおねがいいたします。
ではまた失礼いたします。

   「次はベストでやってほしいっちゃ」

 
 
関連記事
最安値中古CDを探せ!
ハミガキ粉でCD復活
手当たりしだいに木目調

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.