デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
プチフルーツミックスジュースのススメ
フルーツがいっぱいだー。やったー!


子どもの頃、フルーツバスケットというゲームをやったことがある人も多いと思う。『フルーツバスケット』と言うとみんながいっせいに席替えしなければいけない椅子とりゲームだ。

あのときのフルーツバスケットと言うのはつまり、入院した人へのお見舞いとかに持っていく、果物の詰め合わせのことだが、子どもの僕はゲームもそこそこにフルーツバスケットという言葉を聞いては『フルーツをたくさん食べたいなー』と思っていた子どもだった。我ながらとても子どもらしいエピソードだ。

20年の時を経た今もフルーツに対する欲求は覚めやらない。フルーツであればなんでもいい。時折、2種類のフルーツジュースを混ぜ合わせては新しいドリンクを考案したりしている。今日は近所のスーパーでありったけのフルーツジュースを買ってきて、いろいろ混ぜ合わせることによってささやかなミックスフルーツジュースを提案してみたい。

ミキサーとかが出てこない記事でごめんよ。

 

(text by 梅田カズヒコ



ソフトドリンクの大家と呼んでいただきたい

読者の皆さんはご存知ないかもしれないが、僕はお酒があまり飲めない。下戸である。しかし飲む人と同じぐらい居酒屋には登場する。だからソフトドリンクは人一倍飲む。お酒を飲む人は想像してほしい。今までの飲んだお酒の量を。天文学的な量だと思う。僕はつまり、あなたが飲んだお酒の分だけソフトドリンクを飲んでいると思っていただきたい。ね、ずいぶん飲んでるでしょ。

そんな僕は当然、ソフトドリンクにうるさくなって当然である。そしてお酒と比べてバリエーションの少ないソフトドリンク業界である。ここはもう混ぜ合わせることによって新しい飲み物を生み出さねばならんだろう。今回はレトルトカレーを混ぜ合わせることによってお店の味を作れないか試みたこの記事から始まる一連の『混ぜ合わせばうまくなるのか?』シリーズ、ミラクル料理シリーズである。

ではさっそく今回購入した8本のフレッシュな100%フルーツジュースを紹介しよう。

1.リンゴ(アップル)ジュース
2.オレンジジュース
3.グレープフルーツジュース
4.グレープジュース

 

5.ピーチ(もも)ジュース
6.パインジュース
7.マンゴーブレンドジュース
8.グァバブレンドジュース

※いづれも100%、濃縮還元ジュースを使用。7.マンゴー、8.グァバのみ他の果物をブレンドした100%果汁ジュースとなっている。

例によって近所のスーパーで購入できるような日常的なものしか用意してないとか、そもそもミックスジュースだから牛乳とか必要なんじゃないか、とかバナナが必要なんじゃないか、とかいろいろ思われるかたもいるかもしれないが、そこは華麗に無視してすすめていきたい。あくまでプチですから。プチ。

今回はそれぞれの8種類のジュースについてそれぞれベストマッチングな伴侶を探っていきたい。

1.リンゴジュース


リンゴに関する役立たない豆知識

・国別リンゴの生産量ベスト3(FAO、2004) 1位中国/2位アメリカ/3位ポーランド

・植物的にはバラ科に属する ・全国のリンゴの約50%が青森県産。 ・リンゴの皮にはコーヒー以上の覚睡効果があるらしいよ。


ほかのジュースと混ぜ合わせた結果


果実 得点 寸評
オレンジ 75 ポピュラーな果物の双璧の組み合わせは可もなく不可もなく。味が混ざるようで混ざってない
グレープフルーツ 82 これはお互いの酸味が相乗効果でいい感じ。パッションってこういうことか。
グレープ 88 グレープってフルーツなのにコクがあるね。普通のことしか書けなくてごめん。
ピーチ 95 香りの王様は絶対ピーチだ。そしてややまろやか過ぎるピーチにアップルがエッジになっていていい。
パイン 60 お互いで飲んだほうがいいな。良さが薄まった感じ
マンゴー 62 マンゴーの威力が弱まります。
グァバ 80 グァバにもうワンパンチ加えるアップル。いいんじゃないでしょうか。

リンゴジュース×ピーチジュースの組み合わせが最高点 95点。

<リンゴジュース総評>
つまるところリンゴジュースの魅力は適度な酸味と上品な味である。パッションな雰囲気は皆無である。そんなリンゴには、同じく山間部で栽培されているイメージのある桃との組み合わせが良いと思った。逆に最低点はパインの60点。北国と南国がぶつかり合ってお互いの良さを消していた。ちなみに、皆さん分かっていただけると思うんですけど、この点数は完全に僕の主観ですから皆さんもマイベストを探してみてください。

2.オレンジジュース


オレンジに関する役立たない豆知識

・日本へのオレンジ輸入相手国ベスト3
1位アメリカ/2位チリ/3位南アフリカ

・原産地はインドのアッサム地方
・ネーブルオレンジのネーブルは“へそ”を意味する。へたの部分がへそに見えることから
・活性酸素を除去する働きのビタミンCを多く含む


ほかのジュースと混ぜ合わせた結果


果実 得点 寸評
リンゴ 75 ポピュラーな果物の双璧の組み合わせは可もなく不可もなく。味が混ざるようで混ざってない(リンゴの項と重複)
グレープフルーツ 60 みかんジュースみたいな味がした。でもみかんジュースのほうがうまい
グレープ 70 色が面白い。こういう味のフーセンガムあったかも。グレープは何かとガムっぽいぞ。
ピーチ 96 これがいわゆるポピュラーなフルーツジュースの味だと思った。ピーチの香りは偉大だ。
パイン 90 これは飲みやすいぞ。色もお互い黄色だし。
マンゴー 85 これはごまかされたマンゴージュースだ。でも美味い。
グァバ 67 なんだか薬みたいな味がした。こういう味の栄養ドリンクありそう。

オレンジジュース×ピーチジュース 96点。

<オレンジジュース総評>
点数をつけていったらまたもピーチとの組み合わせが1位になった。ちなみに僕は個人的にはあまり桃のジュースを飲もうと思わない。他のジュースに比べ特に甘いからだ。しかし、桃はどうやら混ぜられたほうが力を発揮するタイプだ。混ぜるとその甘さは気にならなくなり、むしろ桃が持っている香りがプラスに働く。はじめから他のフルーツと混ぜられることを想定した果実なのかもしれない。

3.グレープフルーツジュース


グレープフルーツに関する役立たない豆知識

・日本へのオレンジ輸入相手国ベスト3
1位南アフリカ/2位アメリカ/3位イスラエル

・ぶどうのように木になることから、『グレープフルーツ』と呼ばれるようになった。


ほかのジュースと混ぜ合わせた結果


果実 得点 寸評
リンゴ 82 これはお互いの酸味が相乗効果でいい感じ。パッションってこういうことか。(リンゴの項と重複)
オレンジ 60 みかんジュースみたいな味がした。でもみかんジュースのほうがうまい(オレンジの項と重複)
グレープ 55 こんなにも意味のない組み合わせがかつてあっただろうか。名前は似てるのにね。
ピーチ 58 ピーチ、初の惨敗。なんだか鮮度が落ちたような味しかしない。
パイン 94 これはうまいです。パライソ(ライチのリキュール)っぽい味だ。
マンゴー 72 マンゴーが入っていると思うともったいない飲みかただ。マンゴーがグレープフルーツに食われている。マンゴーが繊細だということに気づいた秋。
グァバ 65 複雑な味がした。しかし複雑だからと言って、決して美味いわけではない、という好例。

何度飲んでもお酒っぽい味がする 94点。

<グレープフルーツジュース総評>
グレープフルーツというフルーツが、そもそもお酒を想起させる果物である。絞ってチューハイに入れても美味いし、アルコールが似合う果物だ。そんなグレープフルーツには、パインが一番合いました。リキュール、というか甘いカクテルみたいな味がしました。本当に甘いカクテルでも飲んでるみたいな味。まあ、試してみてください。

4.グレープジュース


グレープに関する役立たない豆知識

・日本へのオレンジ輸入相手国ベスト3
1位チリ/2位アメリカ/3位メキシコ・台湾

・ぶどうは世界で最も生産されているフルーツ。世界の果物の生産量の約3割を占めるキング・オブ・フルーツだ。ちなみに、2位はオレンジ、3位はバナナ。


ほかのジュースと混ぜ合わせた結果


果実 得点 寸評
リンゴ 88 グレープってフルーツなのにコクがあるね。普通のことしか書けなくてごめん。(リンゴの項と重複)
オレンジ 70 色が面白い。こういう味のフーセンガムあったかも。グレープは何かとガムっぽいぞ。(オレンジの項と重複)
グレープフルーツ 55 こんなにも意味のない組み合わせがかつてあっただろうか。名前は似てるのにね。(グレープフルーツの項と重複)
ピーチ 70 芳醇な味だ。どこかの貴婦人が飲んでそうだ。しかし、パンチにかけることもまた事実。量は飲めないと思う。ネクターみたい。
パイン 98 おお!これぞ僕らが求めていたベストカップル
マンゴー 76 これはほぼマンゴーだ。グレープの存在感がなぜか消えた。
グァバ 87 これはほぼグァバだ。限りなくグァバに近い。

ベストカップル 98点。

<グレープジュース総評>
グレープジュースは混ぜるものによって前に出たり後ろに下がったりする不思議なやつである。グァバやマンゴーと混ぜたときは、その個性を沈めてしまう。しかし、相手がオレンジだと分かるや否や途端に態度をでかくする。よく言えば空気を読む、悪く言えば相手を選ぶ。そんな印象でした。パインとの組み合わせが一番良かったかな。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.