デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
動物のかわいくなさを見つけ出す
 


 先日、「コワモテでネコにモテモテ」という記事を書いた。自分がコワモテになったのはともかく、登場したネコたちもかなりのコワモテだった。

 しかし驚いたのは、記事を読んだ方たちから「ネコがかわいい」といった感想をいただいたことだ。ちょっと待ってくれ、あの記事のネコは相当おっかなかったはずだぞ。

 感じ方は人それぞれというのは当たり前のことなのだが、「動物=かわいい」というイメージはかなり強いものだと思う。今回はそこに疑問を呈したい。動物に「かわいくなさ」を求めたい。

 そういうわけで、自分の中の鬱屈した気持ちをどうにかするために、動物園に行ってきました。

小野法師丸



●動物たちに対する屈折した気持ち

  「動物=かわいい」という強固な図式。確かにそれは認めざるを得ないのだが、それゆえに抵抗したい気持ちにもなる。

 中学生の頃、クラスの女子たちが動物に対してあげる「かわいい〜」という歓声をどれだけ苦々しく思っていたか。あの頃の気持ちを忘れたくはない。


動物たちに勝手にリベンジ

 そういうわけで、動物のかわいさに一石を投じるべく動物園にやってきた。動物の中にもかわいくない種類のものがいていいはずだし、かわいいとされる動物にもかわいくない瞬間があるはずだ。

 では、動物のかわいくなさを判定するにはどうしたらいいだろうか。


ミニスカ子連れではない方

 今回の取材には妻にも同行を願った。普段から「動物=かわいい」派に属する妻、今回の取材に当たっても、「かわいくない動物なんて死骸くらいしか思いつかない」とのコメント。

 死骸…。これはかなりの難敵だ。こういう人から動物に対して「かわいくない」という言葉を引き出したい。それがうまくいったらミッション成功とすることにしよう。

 さて、まずやってきたのはポニーコーナー。


素材のもつかわいさを引き出す演出
ぽろんちゃんか…

 しばらく眺める。うん、やっぱりポニーはかわい……。

 あぶないあぶない、何を言ってるんだ、私は。そういうことじゃない。ぽろんちゃんに惑わされている場合ではない。つぶらな瞳から目を反らせ、これが向こうの作戦なんだ。相手のペースに乗せられてはまずいのだ。

 危険だ。気をしっかりもたなくては。


やばい
やばいやばい

 それぞれのかわいさを強烈に放つ動物たち。パッと見からかわいい動物たちはチラッと見てスルーだ。そうしないと自分の心が負けてしまう。

 妻も「かわいい〜」を連呼。その声にハッとさせられる。

 これでいいのか。今回の目的はこうした声に抵抗することではなかったのか。自分の中の動物たちに対する様々な思いが頭をもたげてくる。

 心の中の光と闇を行き来しつつ、やってきたのはカンガルーコーナー。


名前が呪文

  ここには「ベギラマ」という名前のカンガルーがいるらしい。聞いたことのあるこの言葉。ご存知だろうか、ゲーム「ドラゴンクエスト」に登場する、攻撃魔法の名前なのだ。

 語感としてもかわいくない感じのベギラマ。これは期待できるのではないだろうか。


ベギラマくんでーす

 まずい、これはかわい…。

 ぶるぶるぶるぶる、ダメだダメだ。目を見ちゃダメなんだ。自分の頬を両手でピシャンと叩く。クラスの女子の「かわいい〜」を思い出すんだ、しっかりしろ。

 せめぎ合う二つのの気持ち。そこを突くようにしてカンガルーは攻めてくる。


リラックスムード満点
はんなりしたポーズで迫るカンガルー

 まずいって、ここはまずいって。あんまり長い時間見ていると、気持ちがどうにかなりそうだ。いったんギュッと目をつぶる。暗くなった視界の奥に、動物に対する負の感情を思い起こす。

 自分の中の折り合いをつけることすら難しい。なんとかして動物のかわいくなさを見出さなければ。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.