デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
オブジェの意味を推測する
何かを訴えているはずのオブジェたち

前からうすうす思っていたが、まちなかのオブジェは何かが変だ。

オブジェそのものがというより、その状況がおかしい。あんなに唐突で意味がわからないのに、あんまり省みられることがない。「オブジェってそういうもの」と思われて素通りされる。

しかしそれって何か悲しい。オブジェの作者だってそんなことを望んでいないだろう。つくったからには何かの意図を込めているはずで、見る人にそれを感じ取って欲しいはずだ。

ならばよし、なんとかして感じてみたい、その意図を。

(text by 三土たつお



大手町・サンケイビル前にそれはある

まちなかに突然あらわれるオブジェたち。たとえばそれは東京、大手町のサンケイビル前にこんなふうに出現する。


どどーん


灰色のオフィス街を歩いていたらとつぜんこんな景色になるのだから、ふつうは驚く。驚くのだが、それは最初のうちで、すぐに慣れてしまう。「意味が分からなくてやたらでかいけど、そういえばあるよね」という状態になってしまうのだ。

いやいや待とうじゃないか。初心に戻ろうじゃないか。「これなんなの?」と思いたい。

 

別アングルから

これはなんなんだ

ではよし、立ち止まってその意図を感じてみよう。たぶん、その足元を見ればタイトルや作者の書かれたプレートがあるのだと思うが、あえてそれは見ないことにする。

作者だってみんなにその意図を感じてほしいはずで、であればそれが伝わるように作っているはずだからだ。

まずは外見を見てみる。取材時のメモにはこうあった。
・マカロニだ
・赤いからトマトソースがけか
・そんなはずがない


外見からひととおり小学生のように連想したあと、大人の自分がそれを否定する。確かにマカロニのはずがない。本気でそうだとしたら、その作者は自由すぎる。

そこで、次にこれが置かれている場所に注目してみる。ここはサンケイビル前の広場だ。なんらか、メディアとか社会とかの意味が込められているんじゃないか?

そういう目で改めて見直してみると、それぞれが自由な方向を向いていながら繋がっていてバランスを保っているという、そういう社会のつながりを表しているようにも見える。タイトルは「コネクション」ぐらいだろうか。

 

カニ?

みんなはどう思うか

しかしどうなんだろう。意味が分かっていないのは自分だけかもしれない。ほかの人なら、見たとたん作者の意図を合点するのかもしれない。そう考えると、さっきから「意味不明」とかばっかり書いているのが恥ずかしくなってくる。

そこで、この写真を知人たちにも見てもらい、何を連想するかについてコメントをもらってみた。多かった意見は「鳥居」4票に「カニ」2票だった。紅色と形からきた発想だろう、確かにそう見える。その他の意見を抜粋すると次のとおり。

・恐竜(男性。Fさん)
・女性ものの下着(女性。Tさん)
・ニンジンの飾り切り(女性。Fさん)
・世界の置かれている危うい感じ。傾いているのだが、ともに傾いているため中からはそれに気づかない。(男性。Gさん)

最後の意見だけ急に社会派でなるほどと思わされるが、それにしても、みんなの意見がそれぞれ違うのに安心した。ぼくが一人だけ分かってない、という訳ではなさそうだぞ。

 

作者:アレクサンダー・リーバーマン

答え合わせをしても意味が分からない

では、答えを見てみよう。ぼくたちは作者の意図を感じることができただろうか。作品の足元にあるプレートを見てみる。

作品名:「イリアッド・ジャパン」
解説の要点:
・イリアッドはトロイ戦争をうたった叙事詩
・造形は文明の再生を暗示するようだ
・円柱の連鎖がリズミカルだ

・・だめだ。意味がまったく分からない。解説を最初から最後まで読んでもいっそう混乱するようだ。作者はトロイ戦争と日本をどう関連づけて、この造形に結びつけているのか?もしかしてこれはトロイの木馬なのか?(調べたらイリアッドには木馬は出てこないらしい)


失意のなか、次へ

めずらしく歩み寄ってみたら、いきなりこうだ。もしかしたらオブジェの意味を感じ取ることなんて無理なのかもしれない。むしろ向こうが拒否しているのかのようだ。

しかし得られた教訓はある。
・もっと大きなスケールで発想しないといけないらしい。文明の再生とか。
・目の前にサンケイビルがあっても、オブジェはそれと関係ない。

絶望を感じながら、もう少しだけ続けます。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.