デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
歯医者キャラふたたび


以前「歯医者キャラを鑑賞する」という記事を書いたことがある。その後も歯医者のイメージをほんわかさせようと奮闘する彼らを見つけるたびに写真に納めている。ぼくはしつこい性格なのだ。ということで、今回はふたたび「歯医者キャラ」を鑑賞してみよう。

(text by 大山 顕



■アニマルという病

この歯医者キャラだが、ぼくの記事のあとにも「1000円あげるから」で募集されていたこともある。そこでも話題になっていたのが「歯ブラシをもった動物」である。


ファミリーほんわか代表・カンガルー

上 のキャラはまさに「1000円あげるから」で投稿されていたものと同じだ。それにしてもなぜカンガルーか。後述するワニなどに比べると彼らのブランドイメージに「歯」の要素は薄い。これはおそらく子どもの敵とされがちな歯医者さんがよりキッズ・ファミリーに愛されるためのキャラ選びなのではないか。

歯医者に限らず、なにかとアニマルに頼るのがキャラ界の大きな特徴のひとつ。ほかにもいろいろな動物が動員されている。


堅実に歯のイメージが強いワニを選んだ例。描写の緩さはおいとくとしても、歯が緑色なのはいかがなものか。
こちらも無難に齧歯類を選んだ歯医者さん。というか、これは齧歯類でいいんだよね?
こちらも歯のイメージが強いカバさんを起用。歯は見せず鼻を強調するあたりに余裕がうかがえる。
こちらも歯が命なリス(だよね?)を動員。しかしどことなく世話焼き好きなおばさんっぽい雰囲気があるのが気になる。
こちらも前歯のイメージが強いウサギを使った例。しかし歯自体は描かず。上のカバと同様貫禄がうかがえる。
歯医者キャラとして適任かどうかの迷いを振り切るかのように、歯の上に鎮座。

いずれも歯ブラシを持っているところがポイントだと思う。その種類はさまざまだが「動物+歯ブラシ」という形式がかなり一般化しているということだろう。



上のように2種類のアニマル使いの例も。ただ、左のモチーフの描写はかなり微妙。右のライオンが手に持っているのはすもも飴とかではなくおそらくデンタルミラー。その衣装から見ても彼こそが歯医者さんなのだろう。すると左のうさぎと思われるキャラは助手か。というか、キャラと医師自身を一体化させるというのはどうなんだろうか。


同じウサギでも、こちらは微妙に著作権利処理に不安が残るキャラ。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.