デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
特製魚骨スープでラーメン作り、でもインスタント麺

麺を考える

スープが用意できたら次は麺の出番なのだが、さてどうしよう。せっかく手間暇かけて用意したラーメンスープ、やっぱりここはちゃんとした生麺を使った方がいいかなー。忘年会でT・斎藤に会ったし長崎風ちゃんぽん麺っていう手もあるなー。いやいや、自家製麺にアジの身を練り込むっていう手もあるなー。いやここでこそあの日以来つくっていない刀削麺で決めてみるべきかー。

と、散々悩んだ末の結論がこれだ。


チャルメラ塩ラーメン。

一日かけて釣ってきたアジで丁寧にとったスープをつかってつくるラーメンの麺がインスタント。

いや、別にいろいろと面倒臭くなったからという訳ではなく、今回の主役はあくまでスープ。それだったらスープを一番吸い込む麺を選ぶのが正しい選択なのではと思ったのだ。


おいしいと信じて、我が道を行く。

料理は迷った分だけまずくなる。

いやそんな事はない。

と、信じたい。

 

アジの魚骨ラーメン、完成!

麺は堅めが好きなので、二分ちょっとでガスコンロの火を止めて丼へと移す。胡椒をタップリとかけて貝割れ菜とチャーシュー代わりのアジの照り焼きを乗せたらアジの魚骨ラーメンの完成だ。


完成でーす。

なんだかサッポロ一番のCMで松岡修造が食べているラーメンのボツ案みたいなテイストになってしまった。これチャルメラなんだけれどな。

 

試食

まずは熱いうちにスープをすする。

うん、アジだけに味がいい!(こっちのダジャレになってよかった)

少しトロミのついたスープは、塩辛くはないけれど味が濃い。脂っぽさや生臭さは皆無だけれどエネルギッシュ。マッタリなんだけれどピッタリ。

だんだんなにいっているのかわからなくなってきた。


魚骨スープには胡椒が合う。

続けて麺をすする。

うん、アジだけに味がいい!(二度目)

たっぷりとスープを吸い込んだインスタント麺もまたうまい。芯まで魚骨から出たうまみを染み込ませた麺は固めでも粉っぽさなし。インスタントなのにインテリジェンス。インスタントだからこそのインスタレーション。

やっぱりなにいっているのかわからなくなってきた。

あえて注文をつけるとすれば(自分でつくっておいて注文もないのだが)、やっぱり醤油でスープを濁らせないで、真っ白なままの君でいてもらえばよかった。そしてもっと魚骨が濃くてもよかった。

よし、次回つくるときは濃いめのダシにさっぱり塩味でいってみよう。あ、また釣りに行く口実ができた。

魚骨スープは美味しい

魚のアラで取ったスープ、アジに限らずサバでもハゼでもイシモチでもカワハギでも大抵の魚だったら美味しくいただけます。マグロとかカツオとかの赤身は向かないかも知れませんが。

今回はラーメンにしましたが、鍋でも味噌汁でも基本的に何でもオーケー。ただ、このスープは魚の鮮度と正比例するようなので、なるべく新鮮な魚でつくったほうがいいようです。試しに「加熱用」と書かれたスーパーのアジでつくったら、えらいことになりました。

どうしても一緒に食べることになる刺身、塩焼き、フライなどが魚骨ラーメンと合わないのが悲しいです。

< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 
関連記事
魚のガイコツを作りたい
ミトコンドリアX という名のラーメン
スープも麺もコーヒーの「コーヒーラーメン」

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.