デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
新春、ふるまい酒をもらいに


 

年が明けた。お正月だ。
しかしこう、あんまり目出たい気持ちにならない。
年末に、景気の悪い噂話ばっかり聞いてしまい、つられて自分の将来のノーフューチャーぶりに、落ち込んでしまったせいかもしれない。

ああ辛気くさい。いかんいかん。アゲていかなきゃ。
そう思っていた時、ふとフリーペーパー『R25』で、「1月7日、日本の酒情報館@新橋にて、新春鏡開き〜樽酒サービス、先着200名にはオリジナル干支枡プレゼント」という記事発見。
よっしゃあ、スーツ男子にまみれて、縁起のいいタダ酒飲んで、元気出してくるかー。
と、軽い気持ちで、出かけてみたのですが…。

(text by 大塚 幸代




スーツ男子がいないよ

「30分前くらいに並べば、限定の枡、もらえるかなあ」
と、早めに家を出たのに、思いっきり道に迷った。
半泣きで駅前SL広場に戻り、交番で道をきく。
「マクドナルドの角をまがって、2コ目の信号渡って、小道を入ったところ、JRAの隣だから、スグ分かりますよ」
ざっくりと教えてもらい、早足で歩く。

人がいっぱい並んでる…あ、あそこだ。
列につくと、ハッピを着た人に、「枡を入れる袋でーす」と、ビニール袋を渡された。
よっしゃ、枡ゲットは確実!

しかしよく見ると、年配の男性しか並んでいない。
「新橋、平日、12時と17時に配布」というインフォから、私は勝手に、「新橋サラリーマンの皆さんが、お昼休みか、はやめの仕事帰りに、正月だからちょっとだけひっかける…という感じかな?」と想像していたのだが。
オーバーのしたにスーツ、というかたは少ないようだった。とくに若い人はほとんどいない。
まだ、OLさん風の女性のほうが、多いようだった。


「何のイベント…?」という感じで、隣のJRAの警備員さんや清掃スタッフさんも、興味しんしんだった
時間になると、ボコッと樽の割れる音がして、配布が開始された。列ががんがん前にすすむ

やたら段取りが良く、列はスムーズにはけていった。
私の番が来た。
サッ、っと枡酒をくれた。枡ゲット、やった!!

紙コップでもらうより、グラスでもらうより、枡で日本酒をもらうのって、なぜか嬉しい。

そもそも、枡を貰ったことがない。樽からひしゃくですくった酒を、飲んだこともない。ふるまい酒、初体験。

ウキウキしながら酒をながめた。

ひとくち飲んで、つい「あ、お風呂のにおい」と思ってしまった。枡酒を飲む機会よりも、ひのき風呂に入る機会のほうがが多かったから、だと思う。

枡の焼き印のデザインは、こんなふう

貰った人は、みんな「ウフフフ」って感じの笑顔
道ばたでおおっぴらに飲酒できるのも、正月ならでは
ひと通り列がはけたら、お酒が少し余ったらしく、おかわりする人も増えてきた
私も枡を持って、2杯目を入れてもらった。ウフフフ

ぼーっ、と立っていたら、見知らぬ人が、イロイロとおつまみをくれた。クラッカー、ポテチ、チーズ。「おつまみ用意組」は日本酒ファンの常連さんばかりらしく、皆、挨拶を交わしていた。

日本酒ファンのおじさまに見せて頂いた(たぶん自慢された)、日本酒ファンカード。これ…どうやったら入会出来るんだろう

 

酔っぱらい、みな友達

昼酒、しかも日本酒、おかわり、というと、やたらまわる。

私よりズッとお酒がまわっていた年配男性に、話しかけられた。
「おねえちゃん! 俺、来るの20回目なんだけどさあ、あなたは何回目なの?」
ええと、はじめてなんです。
「そうかー! 日本酒好きなの? 日本酒大好きなんでしょ?」
は、はい。
「ワインやビール、飲んじゃ駄目だよ。日本酒しか飲んじゃ駄目だよー!」
はははは…(いやそれは無理です)。ところでこの日本酒、銘柄って何なんでしょう? 樽には『日本酒』って書いてあるだけだし。
「これはねえ、たぶん、ブレンドだね!(根拠なし、でもキッパリ)」
そうなんですか…?
「あとね、10月1日にも、ふるまい酒あるから、そん時も来るといいよー!」

「おねえさん、このクラッカー食べる? 僕らはね、まだ4回目だから、ヒヨッ子なんだけどねえ、はははは〜」
つぎに、60代くらいの、4人組男性に話しかけられた。すごく楽しそうで、仲良さそうだった。
「毎年来ようと思ってね。とりあえず枡は、干支全部、そろえたいじゃない」
コレクター気質だ。
「このあと、初詣に行って、ゴハン食べて帰るんだ。あ、皆で記念写真撮りたいから、デジカメのシャッター、押してくれる?」

会場前で、寄ってください、もうちょっと寄ってくださーい、ハイチーズ! と言ったら、
「バター!」
と言われた。
この王道オヤジギャグ、久々にきいたな〜、と思った。

帰りに、酔っぱらいのおっちゃんらに、残ったクラッカーを袋ごと貰った。
「これ、限定品のクラッカーだから! 値段は安いけど、珍しいから! 食べてね、あと来年は、他にも女の友達連れて来てね!」
同行してくれる女友達、いるかな…、それにしても酔っぱらいはハッピーだ、年とってから、友達とつるんで遊んでるのって、羨ましいな…と思った。
そうだ、あれくらいの年齢になっても、一緒に酔っぱらってくれる友達さえいれば、あとはどうにかなるだろう。どうにかなるに違いない。
やっと心に正月がやって来た気がする。
今年もよろしくおねがいします。


 
 
関連記事
日本酒 de 乙女酒
蔵元でしか飲めない搾りたて原酒
鏡餅メタモルフォーゼ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.