デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
ソウルシンガーのはだけ具合

先日、久しぶりに自宅のCDを整理した。昔聞いていたCDが沢山出て来て、当時の出来事を思い出しながら1枚1枚埃を払ったりした。80年代から90年代初頭にかけて、僕の趣味はソウル音楽に偏っていて、その頃のCDジャケットと言ったらあれだ、シンガーの胸元がはだけている写真が多いのだ。結構なはだけ具合である。ここ最近、寒い日が続いているのでその姿が余計に気になった。風邪引くぞ、と言ってあげたい気持ちでいっぱいだ。

今回は、そんな風邪を引きそうなCDジャケットを集めてみました。

(text by 住 正徳



僕とソウル音楽

僕が好きだったソウル音楽は男性ボーカルものが中心で、CDコレクションもそのほとんどが男性シンガーのアルバムである。時にメロウに、時に激しく、男性ボーカルの声で歌い上げられると血潮が騒ぐのだ。バラードに涙して、ダンスチューンで盛り上がる。かといってクラブ通いする様な積極性はなかったので、主に部屋で1人で聞いていた訳だが、とにかくソウル音楽は恰好いい。

そんな超クールなソウル音楽のジャケットから、まずは軽くはだけているものをピックアップした。



軽く露出


KEEP IT COMIN' by KEITH SWEAT 12PLAY by R.KELLY

二の腕強調型のはだけパターンである。視線はいずれも斜め上。遠く未来を見据えながら、二の腕を露出して更に前もざっくりと開けている。2人ともサングラスをかけている、という共通点も見受けられる。

ちなみに右のR.KELLYは僕と同じ年。このアルバムにも収録されている「SEX ME」という曲は94年に大ヒットを記録している。「SEX ME」にはPART1とPART2があるのでどちらも聞き逃さないようにしなければいけない。PART1、PART2を合わせると「SEX ME」は11分27秒にもおよぶ。


FOR THE COOL IN YOU by BABY FACE JOHNY GILL by JOHNYGILL

左のBABY FACEは素肌にジャケットを羽織りボタンは締めていない。うつむく事により男の哀愁を表現している。一方、右のJOHNY GILLはジャケットを脱いでいる途中にカメラ目線を送った格好だ。JOHNY GILLの裏ジャケットには次のような写真が掲載されている。


JOHNY GILLの裏ジャケット

パス抜きに失敗したような髪型であるが、これはこの形で正解なのだ。

JOHNY GILLの裏ジャケットを見ていただいた所で、次に、表面でははだけていないのに裏面を見るとはだけているパターンを紹介しよう。



裏面ではだける

表面ではだけていないからといって油断してはいけない。


FOR THE SAKE OF LOVE by TASHAN

マービン・ゲイの再来と言われたTASHANである。このアルバムにもマービン・ゲイの名曲「I WANT YOU」のカヴァーが収録されている。

白いスーツに身を包み柱の影から何かを見つめているTASHAN。若干シャツのボタンがルーズではあるが、この程度でははだけているとは言えない。しかし、このCDを裏返すと、


肌着

肌着姿でキーボードを弾くTASHAN。はだけ具合としてはそれほどでもないが、肌着姿にインパクトがあったので紹介させていただいた。このTASHAN、89年にリリースされた2作目では表面から大きくはだけている。


ON THE HORIZON by TASHAN

次に、AARON HALLのジャケットを見てみよう。


THE TRUTH by AARON HALL

スーツ姿でソファーに腰掛けるAARON HALL。この写真からははだける気配は一切感じられない。が、裏返すと、


はだけてる

素肌にジャケット、前はざっくりとはだけている。しかし、このアルバムのはだけ具合はこれだけでは終わらない。ケースを開けて驚く事になる。


CDにはだけを印刷


全部脱いでしまっている。もはや「はだけ」というレベルではない。さらに、歌詞カードに添えられている写真を見ると、


風呂に入る俺 愛犬と俺

いずれも上半身裸である。これがAARON HALLの基本スタイルと言っても過言ではないだろう。



グループではだける

続いてグループで活動する人たちのジャケットだ。RIFFという5人組とSHAIという4人組である。


TO WHOM IT MAY CONCERN by RIFF RIGHT BACK AT CHA by SHAI

いずれも左から2番目のメンバーだけ、はだけている。ソウルグループの中には「はだけ担当」という役割があるのかもしれない。そして、はだけ担当の立ち位置は左から2番目と相場が決まっているのだろう。

次に、「THE JACKSONS」のジャケットを見てみよう。


LIVE by THE JACKSONS

ティト・ジャクソンとマイケル・ジャクソンにはさまれた中央の3人に注目していただきたい。左から右に移るにつれ、徐々にはだけ具合が大きくなっているのが分かる。まさにはだけのグラデーション。ジャクソン5のヒット曲にちなんで、はだけABCと呼んでもいい。

そんなTHE JACKSONSとは対象的に、メンバー全員が均等にはだけているグループもある。H-TOWNという3人組だ。


FEVER FOR DA FLAVOR by H-TOWN

揃いのブルゾンを素肌の上に羽織る3人。きっとプライベートも仲良しに違いない。

このアルバムにはR.KELLYと同様「SEX ME」という曲が収録されている。R,KELLYの「SEX ME」はスローテンポであったが、H-TOWNの「SEX ME」はアップテンポなダンスチューンに仕上がっている。それぞれの「SEX ME」を聴き比べるのも一興である。



まだまだはだけていきまっしょい

はだけているジャケット写真はまだまだ続く。


IT'S GOIN' DOWN by RALPH TRESVANT

FATHER'S DAY by FATHER M.C.

FATHER M.C.の裏面

表面ではお腹をはだけ、裏面では背中をはだける。こうする事により、表と裏の区別がつきやすくなるという効果が見込まれる。

逆に、BOBBY BROWNは表面で背中をはだけている。


BOBBY by BOBBY BROWN

そして、M.C.ハマーはHAMMERに改名して、大きくはだける。


THE FUNKY HEADHUNTER by HAMMER

TOO LEGIT TO QUIT by HAMMER

果たしてサスペンダーは必要だったのか。その真意はHAMMERさんにしか分からない。



最後は締まっていこう

はだけた写真ばかりで「はだけ祭り」の様になってしまったので、最後にキッチリと前を締めているジャケット写真を紹介したい。


RUDE AWAKENING by RUDE BOYS

僕たちは決してはだけません。


GETTIN' SMOOTH WITH IT by K.M.C.KRU

俺かい? 俺はハイネックが好きだな。


DON'T BE CRUEL by BOBBY BROWN

BOBBY BROWNです。さっきは背中をはだけてすみませんでした。ハイネックが暖かくて良いですね。


UNIVERSAL JAMES by JAMES BROWN

ハイネック最高!




 
 
関連記事
はだか色の服
マンガのようなボロTシャツを作る
最安値中古CDを探せ!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.