デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
八ツ沢水力発電所の導水路をたどる

全長14km、取水口から八ツ沢発電所までの水の旅

 山梨県の東部にある大月市には、たくさんの水力発電所が存在する。 特に桂川(相模川水系)沿いに多く、 付近に行けば水力発電所のパイプをよく目にすることができる。

そんな大月市の水力発電所の一つ、 八ツ沢発電所は明治45年に営業を開始したとても古い発電所。 当時の最先端技術と人海戦術によって作られたその導水路は、 優れた産業遺産として国の重要文化財にも指定されている。

あと数年で営業開始100周年。 そんな歴史ある八ツ沢発電所の導水路を、取水口からたどってみた。

木村 岳人



スタート地点は駒橋発電所

水力発電の基本的な仕組みは、 高いところから水を落として水車発電機を回し、 電気を作るというもの。

ということは、当然ながらその落とす為の水が必要となるのだが、 八ツ沢発電所は上流にある駒橋発電所から水をいただいている。 駒橋発電所で発電に使った水を、水路を通して八ツ沢発電所にまで引っ張っていき、 そこで再び発電に利用しているのだ。

つまり、八ツ沢発電所へ水を引く導水路の始点は、駒橋発電所ということになるのである。 では、まずはその駒橋発電所から見ていくとしよう。


駒橋発電所の迫力ある水圧管路(水を落とす鉄管) 落とした水はこの水車に流し、発電機を回転させる
水車の下、もの凄い勢いで回転する軸 そして排出される水。ここからの水路が重要文化財

実は、この駒橋発電所の運用開始は明治40年。 明治45年の八ツ沢発電所よりも古い発電所だったりする。 ちなみに、この駒橋発電所の建設には、あの日立製作所の創業者も関わっていたらしい。

また、現在駒橋発電所の水圧管路は二本であるが、昔は八本もあったそうだ。 作った電気は東京へ送り、早稲田変電所を経由して麹町辺りのあかりを灯したという。

う〜ん、そう聞くだけでもロマンを感じずにはいられない。

 

 

次に続くは石積みの取水口施設

さぁ、いよいよ八ツ沢発電所の導水路の始まりだ。 その全長は約14kmと半端無い。重要文化財としても最大級。 日本で最も巨大な文化財と言っていいだろう。

さてさて、駒橋発電所から流れてきた水だが、 まずは水門から新たに取り入れた桂川の水と混ぜられる。 こうすることによって、八ツ沢発電所に送る水の量を調節するのだ。


取水口制水門から川の水が取り込まれる 続いて水は沈砂池へ

しかし、川の水は砂や泥などが混ざっているので、 これをそのまま水路に流したら後々まずいことになってしまう。

なので、水路に流す前に、 流れの緩い沈砂池(ちんさち)という池を通す工程が必要になる。 そうすることで、困りものの不純物は底へと沈み、 上澄みの綺麗な水だけを利用することができるのだ。


沈砂池を経て綺麗になった水は…… 地下へと流れていく

それにしても、この取水施設のなんと美しいことか。 石積みの堤防を基調とし、石とレンガの水門、 コンクリートの構造物がアクセントとして添えられる。

このバランス具合がとても良い。 そして、積まれた石が作り出す模様には、何とも言えない色っぽさがある。 あぁ、たまらん。

 

隧道、開渠、水路橋。ひたすら続く水の道

さて、水路はしばらく隧道(すいどう)に入る。 隧道とはトンネルのこと。 トンネルとは言っても、ここでは地下水路のようなものであるが。

再び水路が地上に現れるのは、沈砂池から東へ1kmほど行ったところ。 桂川沿いにある団地のすぐ側にひょっこり顔を出す。 それが、第一号開渠(かいきょ)。

 

 

全面フェンスに覆われる第一号開渠 目を凝らすと、中にアーチ状の構造物が見える

開渠とは、まぁ、開けた水路のようなもの。 転落防止の為か、フェンスが張り巡らされており、 中が非常に見えにくくなってしまっているのがちょっと残念。

だが、よくよく目を凝らしてみると、中で水が流れているのが分かる。 レンガで造られたアーチ状の構造物も見て取れる。 フェンスの中のチラリズム。 最初から丸見えであるより、こちらの方がより興奮する……か?

開渠はすぐ終わり、水路は再び地下に潜る。 次に地上に現れるのはそこから250mぐらい先。 桂川が最も狭まり、渓谷になっているその場所に、なんと水路橋として再登場。


突如現れる第一号水路橋 水路は桂川を渡り、またもや隧道へと入っていく

実はこの第一号水路橋、なんと鉄筋コンクリートでできている。 鉄筋コンクリートなんて今でこそ当たり前のように使われているが、 これが作られたのは鉄筋コンクリート黎明期の明治45年。 まだまだ鉄筋コンクリートが珍しかった、そんな時代に作られた貴重な橋だ。

今や鉄筋コンクリートの建築なんて20年とか30年とかで壊されてしまうというのに、 それが100年も持っているなんて。しかも現役の水路だなんて。 いやはや、凄い!

再度隧道に入った水路はそのままさらに東へ進み、 そしてまた開渠として地上に姿を見せた。


地中から飛び出た水路は第ニ号水路橋を通り ほぼまっすぐに伸びて行く
んで、やっぱり地中へ消える ……しかし、これは無いだろう

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.