デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
勝山は恐竜だらけのまちだった


福井県勝山市、ここは雑誌「フォーブス」による「世界でもっとも綺麗な都市」ランキングでトップ9に、、アジア地区では1位になっているすごい都市だ。そんなすごい都市が、福井にあるなんて失礼ながらまったく知らなかった。

知らないついでに、ここ勝山は街の売りが「恐竜」なのだ。恐竜でまちおこし。綺麗な都市アジアNo.1が、恐竜いちおし。

なにがなんだかわからないがとにかく行ってみたら、街中に恐竜がいたのだった。そして、なんと「福井」と名の付く恐竜がいるのですよ。

乙幡 啓子



なにもかも恐竜に見える

工藤さんの既出記事「オバマになって小浜に行く」の福井取材に私も同行した格好になったわけだが、何も最終ページでモノマネをするためだけについていったわけではないのです。勝山に行くためだったのです。

小浜で1泊し、翌朝レンタカーを借りて勝山へ。東西に延びた福井の、ほぼ西端、京都よりに小浜はあるのだが、勝山市は正反対の東端。石川県と境を接する。福井は「斧」に形が似ているが、柄のお尻のほうに小浜があるとしたら、勝山は刃の上端部分にあたる。アメリカに例えればロスからニューヨーク、大田区に例えれば田園調布から羽田空港くらい離れている。電車だと3時間強、車でも2時間強の県内旅行だ。


雪は平地では降ってなかったが、遠くの山々は本気の雪山。

行く前に調べた情報では、市内のどこでも恐竜フィーチャーな物件が見られる、らしい。車窓からも目を皿のようにして探すと、おお、道路が市内に突入するや、あるわあるわ、絶滅した大型爬虫類の姿のオブジェやイラストが、風情ある市街に溶け込んで。

以下、車窓から捕捉できた恐竜を駆け足でごらんください。


いきなり恐竜がお出迎え。
と思ううちにもまた新顔が横を通り過ぎていく。
と思ううちにも工場のタンクに恐竜・・・
と思ってたら反対側をまた恐竜が通り過ぎ、急いで撮影したら変な構図に。
でもたぶんこの自動車道は、恐竜は通らない。
でも恐竜「早期開通を!!」って訴えてくれてる、というか隣の看板だなこれ。

途中、えちぜん鉄道・勝山永平寺線の勝山駅に立ち寄ってみる。鉄道の玄関口では恐竜達にどう迎えられるのか。


すごく風情のある、いい駅舎。中では駅員さんの提供するコーヒーが100円で飲める。
駅舎内に飾ってあった大皿。
恐竜王国!
駅前のでかいオブジェと交信中。

まだまだ続くのです。車を止めて市内を散策。


かけこむと、恐竜が待ってる。ちなみにこの恐竜は勝山のキャラクター「チャマゴン」。
流行りの絵入りマンホールにも、やっぱりいた。
交番の表示にまで堂々と、と思ったらなんと福井県警のマスコットは「恐竜」なのだ。「リュウピー」という。
親しみやすいったらない交番の様子。

あまりに恐竜を探しすぎたせいで、何を見ても「これは恐竜ではないか?」と考えるクセがついてしまったよ。


おお、恐竜じゃないか?
この、はっさく剥きも恐竜がモチーフでは?

おまえも恐竜じゃあ、ないかね。

などと惑わされるためにここに来たのではない。恐竜の「福井」さんを探しに、ある場所にいかなくては。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.