デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
高輪台駅の壁がすごい


すごいんです。

ぼくの前回の野心作、のっぺり壁の取材中、すごい駅を見つけた。都営浅草線の高輪台駅である。

(text by 大山 顕



■すごいことになっている壁

ホームから見たこの駅の壁は、こんなすてきなことになっているのだ。


魔都TOKYOを表現したものか。

いきなりでかい画像で申し訳ない。いや、でもこれすごいよね。おおっ!って声が出ちゃうよね?トンネルだから声が響いちゃうよ。


一面こんな。東京ならではのおもてなしか。観賞用か。都民の憩いの場か。

国会議事堂前駅を彷彿とさせるチューブ。しかし、あちらにはこんなすてきな継ぎ接ぎ模様はなかった。

なんなんだろうか。このざわざわ感をどう表現したものか。恥ずかしげもなく「アートですね」とかありがちな評価を口にできたらどんなに便利だろうかと思う。

都営浅草線は都営地下鉄としては最も古い。ぼくは鉄道マニアではないが、おそらく鉄な人たちの間でも、その歴史ゆえ人気の高い路線なのではないかと推測する。

その悠久の歴史ゆえ、浅草線は全般的にボロっちくてすばらしい。いや、「ボロ」は褒め言葉だからね。ほんとに。末永くこのままでいていただきたい。


なによその3本分岐。誘ってるの?
いきなり細いパイプで斜めに連結。キュート!
じーっと見てたら象形文字か何かに見えてきた。
はたしてそういうふうにぐちゃっと並ぶ意味があったのか。そして右上のパイプがいちいち健気な感じでかわいらしいぞ。
自由に生きるとはこういうことか。
平行したものがそれぞれ別個にパイプでつながる。エクセレント。

そのトンネル断面から見ても、どうやらこの高輪台駅は地表から深いところにあるらしく(名前に「台」がつくぐらいだし)、そのせいかどうか水が出ているのだと思われる。これらのドレンはその水を排水するためのものなのだろう。

というのは、ぼくの予想。調べてない。だってさほら、素敵なものはそのまま愛でればいいじゃん。難しいことは抜きにしてさ。

上で特に素敵な部分を紹介したが、どうだろうか。みんなぐっときたよね。来てないとしたら、あなたは高輪台駅常連か香港出身かあるいは不感症なのだと思う。一度主治医に相談することをお勧めする。

あんまりすてきなので、壁を全部繋いでみたよ。


画像クリックするとかなり大きくなります。黄色い線の内側に下がってお待ちください。

こちらは反対の番線の壁。興奮に任せて両方つないでみた。こちらも画像クリックで大きくなります。

■はとバスツアーのコースに入れるべきだ。さもなくば世界遺産

この高輪台駅に隣接する駅たちは、改装の真っ最中だった。ボロでなくなっちゃう。いつかこのつぎはぎドレンもなくなってしますのだろう。みなさん、お早めに。

撤去の際にはご一報を。持って帰ります。

 
 
関連記事
壁とマッカーサー
初めての壁登り
地下鉄ホームの曲線美

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.