デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
日常の動作をお金に換算してみる
この一歩はお金にすると何円なのか。


働いてお金を稼ぐということをとても大雑把に言うと、身体を動かすことだ。そこまで大雑把に言わなくても、なんらかのエネルギーを生み出してると思う。

だから普段生活している中で寝たり食べたり歩いたりしてかなり動いているが、その動きをお金に換算すると実は結構なお金になるんじゃないだろうか。知らない間に大金を稼いでるんじゃなかろうか。

ひょっとしたら億万長者になってるかもしれないので、日常の動作をお金に換算してみよう。

小柳 健次郎



札幌駅から隣の駅まで歩いた歩数で電車賃を割ります。

一駅歩いて一歩の価値を割り出す

まず自分の一歩の価値がいくらなのかを調べたい。

じゃあそれはいったいどう割り出そうかというと、電車賃を基準に考えたいと思う。

たとえば札幌駅から隣の桑園駅までの電車賃は160円なので、その距離を歩くことは160円分の価値のある行為といえる。

だから駅から隣の駅までの電車賃をその距離を歩いたときの歩数で割れば、一歩の価値が分かるはず。

歩幅はこのぐらい。

例として駅から隣の駅までの電車賃が160円でその距離までの歩数が500歩だとすると、

160÷500=0.32円(一歩の価値)

というように一歩の価値が求められる。

ではさっそく札幌駅から隣の桑園駅まで歩いて歩数を調べ、僕の一歩の価値を出してみよう。

じゃあ歩きます。
高架に沿って歩いてます。

30分後に着きました。

そして歩数は2686歩でした。

札幌駅から桑園駅までの電車賃は160円なので、一歩の価値は、

160÷2686 = 約0.06

ということで、


一歩進むごとに0.06円儲かってました。

これは安いのか高いのか判断に迷うところだけど、でも一万歩歩いて600円儲かると思えば、ウォーキングを趣味にしてもいいかなと思う。

あとこの計算方法だと脚の長い人ほど一歩の価値が高いことになる。やっぱり脚の長い人が有利な世の中です。

 

翌日、また同じ場所からスタート。

同じ方法で自転車の一漕ぎを計算する

一歩の値段が分かったところで次は自転車のペダルを一回漕ぐ値段を計算しよう。

方法はさっきと同じ。しかしペダルの回転数を数える機器を持ってないので頭の中でずっと数えることにする。

歩きと漕ぎではどっちが価値が高いか。

ただ左のような写真をうまくいくまで何回も撮っていたらペダルをどれだけ漕いだか数えるのをいきなり忘れてしまった。

でもたぶんたぶん数え忘れたのは30回転ぐらいだったと思うので、その分は後で足します。
歩いたのと同じ道を通ります。
10分で着きました。

ここまでのペダルの漕いだ回数は数え忘れた分も入れて750回でした。

これを計算して一漕ぎの値段を導き出すと

160÷750 = 約0.2

よって、


一漕ぎごとに0.2円稼いでた。

歩くよりも漕ぐほうが価値のある行為だった。しかも倍以上の値段。

たまに2時間以上のサイクリングをすることがあるのですが、これからは程ほどにしようと思います。自堕落になりそうで。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.