デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
穴あきメガネを自然に見せたい


 最近、というか社会人になって十数年の間に、少しづつ視力が悪くなってきた。遠くのものが見えないので眉間にシワを寄せることが増え、このまま顔面に深いシワが刻まれないかが心配の種である。

じゃなくて、視力の話。メガネやコンタクトをせずに済ませたいと思っていたところ、しばらく前に「ピンホールメガネ」「穴あきメガネ」というものを知った。不透明な素材に小さな穴がいくつか開いて、そこから覗くと目の焦点調整が効くという。だが―

乙幡 啓子



大門か

ピンホールメガネに興味を持ち、以前100円ショップで購入したことがある。今はもうどこか行ってしまったが、こういうものだ。イラストで勘弁してほしい。


黒い素材でサングラスのよう。点々と穴が開いている。

装着してみたところ、うん、どうやら遠くの景色が裸眼のときよりもクリアになる気がした。

ほうほう。と感心して引き出しの奥にしまった。なぜならコレを日々装着して過ごす勇気はなかったからだ。ナチュラルコーデにティアドロップ型グラスを合わせる勇気は、ない。

もっと自然にピンホールカメラを実装する方法はないものか、と今回考えてみたわけだ。


ダテメガネを買ってきた。
左右の目を撮影し縮尺正しく加工。こうやってあらためて自分の目を見てみると妙な気分である。
二重まぶたを残すか切るかで悩んだり。
キリで目に穴を。表からの画像は自粛。

そう、ダテメガネの裏から、自分の目の写真に穴を開けたものを貼り付ける、という原始的な方法を試そうというわけです。心なしか、というか、ほぼ「寝てませんシール」だな。

こうして、「ナチュラルピンホールメガネ」のプロトタイプができた。


普通はかけたらこうなるが→
ぼよーん。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.