デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
ステテコもし戦わば

ステテコVS柔道が実現するまで

今回の企画を思いついたものの、
当初、知り合いで柔道をやってる人が身近にいなかった。

さて、どうしたものかと途方に暮れていたところ、知り合いが「長崎柔鍼スポーツ専門学校」という柔道を専門に教えている学校にツテがあり、そこへ連絡をとってくれた。

長崎柔鍼スポーツ専門学校  

よし、これで対戦相手も確保でき、無事ステテコVS柔道が実現できる…と思ったところに、予期せぬセリフが飛び込んで来た。

「それなら、西 良典先生にやってもらうのが適任でしょう。」

…に、西 良典先生!?

 
西 良典 (にし よしのり) 先生

西 良典 先生とは、数々の世界の強豪と対戦してきた長崎出身の格闘家。学生時代、そういうのを見るのが好きだった私は、テレビやビデオで何度も見たことがあり、その名を知っていた。

西 良典 先生

西先生がどれほどの強豪と戦ってきたかといえば、例えば400戦無敗で有名なあのヒクソン・グレイシーとも戦っている。彼が初めての日本人対戦者に選んだ相手が西先生なのだ。凄すぎないだろうか?

企画趣旨を説明

そのようなかたに、
「ステテコでブン投げてほしいのですが」
と言おうというのだ。そりゃもちろん大変恐縮だった。
怒られたりしないだろうか?とも思った。

が、どう言い方を替えてみてもステテコはステテコなので、腹を括ってストレートに聞いてみた。

斎藤:「ステテコの戦闘能力はどんなもんかと思いまして…」

すると、意外な返事が返って来た。

西先生:「低くはないと思いますよ。」

 
ステテコの戦闘能力

というわけで、ステテコで柔道をすることができた。
西先生指導の下、生徒さんに投げてもらった。
その結果が前のページの動画。

スコンスコンといとも簡単に投げられているが、しかしよく見ると柔道着と違って襟や袖を掴んで投げられないので、背負い投げとか大外刈りといったポピュラーな技が繰り出せない。(⇒ステテコのメリット)

また、その後、西先生がステテコを使った絞め技をレクチャーしてくださった。

西先生によるレクチャー
ありえないステテコ。
先生によるお手本
すんごい効いてそう

ステテコのメリットは、柔道着よりも生地が薄いので、絞めた時に首にピンポイントで食い込むことだという。

また、絞める時に自分のステテコの袖を掴むことでガッチリホールドできるというやり方もレクチャーしてくださった。

という感じで、終始ステテコよりの立場で意見をくださった西先生。しまいには私のハラマキを見て、
「それも武器になる。」
とおっしゃっていた。

なんだか意表を突いてすごいぞ、ステテコ。

だんだん、ステテコがすごく強い服なんじゃないかという気さえしてきた。

ということで、ステテコの意外な性能がまたしても見えてきたのだった。

オリンピックの柔道で、ステテコが着用される日もそう遠くないかもしれない。(いや遠い)

ありがとうございました。

取材協力:長崎柔鍼スポーツ専門学校

 
 
関連記事
ステテコが来る!
ステテコ工場見学
柔道場でゴロゴロする

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.