デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
ぐねぐねした道っていいよね
ぐねぐね道


ぐねぐねした道が好きだ。

好きだ、って書くとなんだか心もとないので、『ぐねぐねした道っていいよね』って同意を求めたタイトルにしてみた。

『別に好きじゃないね』って感じの人もこの原稿を読み終わる頃にはぐねぐね道ってちょっといいよね、って思ってくれることを望んで、街に繰り出してみました。

(text by 梅田カズヒコ



うちの近くはぐねぐねしています。

うちの近所のぐねぐね道

僕の家から最寄り駅に向かう道はぐねぐねしている。

不動産会社の人に今の物件を紹介してもらったとき、迷わずここに住むことに決めた。部屋のスペックと家賃のバランスも気に入ったが、駅からの道がぐねぐねしていることも好感触だった。

これを読んでいる人がどうかは知らないが、僕にとって駅からの道がぐねぐねしていることが、物件を左右するぐらい重要なのだ。僕の熱意が分かっていただけたであろうか。

と、熱意をアピールしたのは良いが、なぜ好きなのかはよく分からない。 でも、せっかくこうやって記事にしているので、なぜ好きなのか自分なりの答えを探してみようと思う。深層心理を探れば何かにいきつくのかもしれない。

今日は都内を巡る旅でもあるとともに、自分の心を巡る旅でもあるのだ。

自分探しの旅ってこういうことか。
たぶん違うか。

 

ぐねぐね道1
うちの近所のぐねぐね道(東京都目黒区)

こう来て→
こう来て→
こんなぐねぐね道。それが我が家への道

どうですか、いいぐねぐねっぷりだと思いませんか。

ここの良いところは毎日歩いてても飽きないぐねぐねであることです。実際に毎日歩いている僕がいっているんだから間違いない。控え目ぐねぐね。ナチュラルぐねぐね。料理で言えば鶏肉のささみ的なあっさり味のぐねぐねだと思う。さっそく評価しようと思う。


うちの近所のぐねぐね道(目黒区)

道幅(狭いほど高得点):★★★
賑わい度(賑わってるほど高得点):★★★★
珍し度(珍しいほど高得点):★
落ち着く度(落ち着くほど高得点):★★★★


評価してみたんですがついてきてくれてますか?

思うにぐねぐね道のよさは、距離感がぼやけるところにあるんじゃないかと思う、まっすぐの道だと、ああ、まだ駅まで遠いなーと思ってしまうが、カーブが多いと距離を意識せずに歩けるのだと思う。

たとえばそう、地下鉄の乗り換えも、まっすぐの道のほうがより疲れませんか?ここに例となる写真をあげてみます。


まっすぐな道の例(僕の原稿、成田空港に徒歩で行く、再びより)

東京の話題で申し訳ないですが、地下鉄の赤坂見附と永田町の乗り換えは長くて大変だと思いますが、同じぐらいの距離でも、上のようにまっすぐの道だとかえってつらくないですか? まっすぐの道は、なんだかうすら寒い気がするのです。上記の写真は少しオーバーなまっすぐの例ですが。

歩くのは大変だけど、アップダウンがあったり、ぐねぐねしてたりすることで、僕らはいろんなものをごまかしながら生きているのではないだろうか。

起伏のない道なんて、味付けのないパンのようだ。


どうして僕はぐねぐね道が好きかの考察1

まっすぐ続く道は、なんだか疲れるし、どこか怖い気がする。


どうして坂道はファンがいるのにぐねぐね道ファンはいないんでしょうか。タレントのタモリさんはその昔坂道の本を出したが、その向こうを張ってぐねぐね道の本を出そうか、たぶん売れないだろうな。

売れないのは、ぐねぐね道がフックとして弱いからである。でも、もう少し頑張ってぐねぐね道のよさをアピールしようと思う。はい、場面転換、ページめくってください。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.