デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
匙を投げる(カタパルトで)
カタパルトの登場は2ページ目から!

 運動会シーズンだ。昔から運動神経が悪かった僕にとって、運動会はやっかいなイベントだった。みんなの前で走ったりしなきゃいけないからだ。

 しかし改めて考えると、それってもったいないことだと思う。今からでも遅くはない、楽しい運動会を取り戻せないだろうか。大人になった今、運動会はないけれども、せめて運動会気分で一日過ごすことによって、あの秋の日の青春を取り戻せたらと思うのだ。

(text by 石川 大樹



障害物競走で過ごす一日

 運動会で一番楽しそうな競技といえば、障害物競走だ。今回は障害物競走をやって、運動会を満喫しようと思う。

 とはいえ、僕はもう社会人で、仕事もある。会社の勤務はしっかりこなしつつ、障害物競走していきたい。そのためのメニューを立てた。

・スプーンでピンポン球を運びながら出勤
・網の下をくぐりながら午前中の仕事
・天井にぶら下がったあんパンを食べる昼食
・平均台の上で仕事
・腰ぐらいの高さのものは全部飛び越えながら帰宅

どうだろう。みごとな運動会と会社員の両立ぶり。障害物競走の物理的な障害をくぐり抜けながら、ビジネスシーンでのさまざまな障害も解決していく。ビジネスアスリートとでも言うべきだろうか。そんな人に、私はなりたい。

 

がんばります!

障害物競走、スタート!

 朝、いつもより少し早目に起きて身支度を済ませたら、さっそくはじめよう。最初の競技はピンポン球運び。よーい、スタート!


テーテーン、テテテテ (天国と地獄のメロディ)
あっ

あわわあわわ

 すぐにピンポン玉を落としてしまい、さっそくイライラし始める僕だ。ちょっと気を抜くとすぐに逃げ出そうとする、おてんばなピンポン球を手なづけるのは、楽しいと言うよりじれったい。しかし障害物競走はまだ始まったばかりだ。すでにちょっとうんざり気味だが、ここで負けるわけにはいかない。


階段でポトリ
下りでもポトリ

信号待ちでポトリ
何もない道でもポトリ

公園でもポトリ…

 ダメだ!家からまだ駅にも着いてないのに、15回も落としてしまった。普段なら5分くらいの距離だが、すでに20分ちかくかかっている。このペースだと、会社に着くまでに120回は落とすだろう。混雑した電車の中で人の足の間をコロコロ転がっていってしまうピンポン玉、のぼり階段で何度も下まで転がり落ちて再スタートを要求するピンポン玉。想像しただけでイライラしてきた。あー、もう!


やってられるか!

 やめ、やめ!一日中、障害物競走で過ごすなんて無理!もうこんなのやってられない。何が運動会だ。俺は怒ったぞ。もうこの企画、匙をアレする!

 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.