デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
ごはんで日本庭園が作れないか


「はー…」とため息しか出ないような空間。

先日、京都に行った時のことは「コネタ城、ひとり強化合宿 in 京都」でも書かせたいただいたが、京都ではなにもコネタだけを探していたわけではない。一緒にいた母親がどうしても行きたいと言うので、きっちり普通の観光もしてきた。

向かったのは、国の重要文化財にも指定されているという東福寺。やたらと敷地が広い上に庭がえらく立派で、風邪気味でいまいち気の乗らなかった私も気が付いたら興奮のあまりカメラのシャッターを押しまくっていた。

そして思った。「自分でこういう庭を造ることは不可能でも、皿の上になら再現できるんじゃないか?」と。

ま、いつもの悪いクセが出たというわけです。

高瀬 克子



とにかくカッコイイ

お寺の中には庭があちこちに分散していて、そのタイプも様々だ。

まずは私が「スゲー!スゲー!」を連発することになった、肝心の庭の写真からご覧いただこうと思う。


とにかくステキとしか言いようがない。
なんていうのかしら。モダンよねぇ。
こういうシンプルなのもいいわあ。
よーく見ると、こんな模様になってるのよー。

いやあ、いちいちスゴイ。ひとくちに日本庭園といっても、いろんなタイプがあるもんなんですねぇ。本当にどれも素晴らしい。

と言いつつも、次のような庭を見てしまうと「やっぱり枯山水だよな!」と叫びたくなってしまうわけで。


長時間見ててもまったく飽きない。

ミステリーサークルではありませんよ。

さっきから「スゴイ、スゴイ」を連発して申し訳ないが、それ以外にピッタリした言葉を知らないので懲りずに言わせてもらいます。スゴイ。スゴすぎる。

もしもあなたが今、頬にフワッと風のようなものを感じたら、それは私の鼻息の荒さが画面を通して伝わったのだと思っていただきたい。それくらい興奮した。


隅っこまでキッチリ。た、たまらん。

そもそも枯山水とは「水を用いずに山水の趣を表した庭園」という意味らしいが、山水どころか、どことなく宇宙をも連想させられるから不思議である。

 

これならマネできるかも

同じ枯山水でも、次のものは少しスケールが小さいせいか、どことなく親近感が湧いた。


なんだか可愛らしい雰囲気。

それにしても、なぜ人はこういう場所にお金を投げてしまうんだろう。「せっかくの庭が台無しじゃないか!」とも思ったが、それよりも気になるのは、この小さな円柱の存在である。


キミは、どこかで見た覚えが…。
これか!

東京へ帰ってくるなり、冷蔵庫の中に常備してあるミニちくわを見て「やっぱり!」となった。好きで好きでしょうがないミニちくわと瓜二つとなれば、そりゃあ親近感も湧くわけだ。

そして「これは庭が再現できるかもしれないぞ」という思いに拍車がかかった。


では、ごはんを敷き詰めるところから始めましょう。
ごはん、ぼっそぼそ。

ところが、肝心のごはんをキレイに整地することがなかなかできない。やたらとシャモジにくっつくわ、米粒がデコボコしたまんまだわで、早くも企画倒れのニオイがプンプンしだした。

これが出来なければ、うずまき模様を断念しなければならないだけに気持ちが焦る。どうしよう。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.