デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
セグウェイ当りました

 

最初は興奮した

セグウェイはAdobeというよく知られたソフトウェアの会社のキャンペーンで当ったのだという。

「最初は喜びましたよ、すっげーって。でもいろいろ調べてみると、僕らの前にいろんな人が辞退してるみたいなんです。で、巡り巡って僕らのところにまで降りてきたんじゃないかと」

 

ロゴ入りホイールでした。

 

なぜ前の人たちは辞退したのだろうか。僕なら喜んでもらうところなのだが。

しかし話を聞くうち、辞退する気持ちもわからんでもないな、と思ってきたのです。

「まず当ると保険に入らなきゃいけないんです。これが年間10万します。それから講習を受けてライセンスを取って、あ、これ6万でした。それからカードを発行してもらうんです、5000円払って」

いろいろ大変なのだ。

それでも岡本さんは友人と折半してお金を払い、見事セグウェイを所有するに至った。ちなみに今のところ個人に向けてセグウェイは販売されていないので、会社単位か個人事業主でないと購入することはできない。

 

僕も乗ってみたいのですが

例えば今、僕が岡本さんのセグウェイを借りて乗りたいとする。しかし僕はライセンスを持っていないので乗れないのだ。

そこでインストラクターが必要となる。こういうときのためにもセグウェイの所有者はインストラクターのライセンスを取る必要があるのだ。ちなみにこれに6万円。

所有者以外の人がセグウェイに乗りたい場合、インストラクターから講習を受けることになる。講習は資料を用いての講義が1時間、それから説明ビデオの視聴が15分間、これは途中でインストラクターの説明も入る。そしてその後いよいよ実機を使った基本講習が始まるのだが、これが120分。

岡本さんはインストラクターのライセンスを取得するため、セグウェイの日本代理店で講習を受けた。講習の際、人数の半数以上のセグウェイがないと実習ができないのだが、52500円払うと貸してもらえるのだとか。

こうした長く孤独な道のりを経て、岡本さんはセグウェイの所有者となった。もう当ったときの喜びとかおぼえていない。


「絶対転売したらだめって言われました。所有者が個人のブログとかで転売をほのめかしたりするとすぐばれるみたいです。流通している台数が少ないから監視、いや管理も徹底しているんでしょう。あ、そうそう、あとリチウムイオンバッテリーは劣化すると交換に40万円かかるんだそうです」

未来は意外と住みにくいのかもしれない。


 

 


 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.