デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
メガネは何で拭くべきか

こういうの、見にくいですよね

 わけあってメガネ拭きのことを考えるともう本当にいてもたってもいられなくなり、まだおとそ気分も抜けきらぬ1月4日、僕は部屋にこもってひたすらメガネを拭きつづけた。

 その結果をここにご報告します。

(text by 石川 大樹



7年前のライフハック

 まずは、僕がそこまでメガネ拭きに駆り立てられた理由から説明しよう。

 僕が大学のときに発見したライフハック(という言葉も当時はまだなかったけど)に、「紙ナプキンでメガネを拭くと意外ときれいになる」というのがある。一見ゴワゴワしていてガラス拭きには向いてなさそうな紙ナプキン、しかしいざ汚れたメガネを拭いてみると、きれいになるわなるわ、その実力ときたら本業であるところのメガネ拭きクロス以上、という衝撃的な内容である。


ポテンシャルの塊

 この大発見以来、僕は発見者であるところの自分の功績に心酔してしまい、また生活の知恵としての手軽さも手伝って、すっかりメガネは紙ナプキンで拭くようになった。もちろん人にも勧めた。「紙ナプキン、メガネ拭くのに結構使えるよ。」「メガネって紙ナプキンで拭くと意外ときれいになるんですよ。」「それ、紙ナプキンの方がきれいになるよ」「紙ナプキンで拭きなよ」。


紙ナプキンとともに7年間を過ごした

 

知らぬが仏

 そんな暮らしを7年ほど続けた2008年の年末、家でくつろいでいるときにふとメガネの汚れが気になった。こんな僕でもさすがに紙ナプキンを家にストックしているわけではないので、仕方なく引き出しの奥からずっと使っていなかったメガネ拭きクロスを出してきた。拭いた。思わずのけぞった。

 すげえ綺麗になる!


クロス、すごい!

 ひと拭きで汚れがスイスイ落ちる。感動した。そして同時に、絶望した。紙ナプキンを信じたあの7年間。ゴワゴワした紙がレンズにつけた細かいキズの数々。そしてフラッシュバックするのは、自信満々に「紙ナプキンの方がきれいになりますよ」と言い放ったあのときの自分の顔だ。


絶望した…

 前置きが長くなってしまった。こんなことがあって、僕はメガネ拭きについて、正月開け早々調べずにはいられなくなった。

 この調査はもちろんデイリーに載せる記事のためなのだが、それと同時に、紙ナプキンを信じていた自分の7年間に対する、落とし前でもある。

 


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.