デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
風雲!2月10日は左利きグッズの日になりました


 「2月10日を、左利きグッズの日にしました。イベントやります!」

いつか取材した、「左利きグッズの品揃えが日本一な文房具屋さん」菊屋浦上商事さんから連絡があったのは、去年の年末。

そうか、とうとう登録したか。2月10日は「0(レ)2(フ)10(ト)」だというんで、記念日登録するのだと張り切ってらしたっけ。じゃあ私も、何か左利きにちなんだものを作ってイベントに花を添えるかね。

悠々と用意にかかったはいいが・・・なんと失敗した!工作、失敗したわ。
でもイベントは大成功だった!よかった!

風雲急を告げる「左利きグッズ記念日制定イベント」の様子を、割とドキュメントタッチでご覧下さい。

乙幡 啓子



左利きの日、ではない

なぜ「左利き“グッズ”の日」なのか?その答えは単純である。なぜなら申請したのが上記、左利きグッズを扱う菊屋浦上商事さんだからだ。

「左利きグッズを通じて、使いやすさの喜びと楽しさを多くの人に知って頂く記念日」である。
日本記念日協会認定なので、各自検索してみてほしい。


これがその登録証と、浦上店長だ。

イベント内容だが、道行く人に左利きグッズを体験してもらうというのが主な目的であるからして、なるべく多くの人の注意をひきつけ、参加したいと思ってもらえるようなものがいい。

そこで私は何を持っていけばいいだろう。いろいろ考えたが、どう考えてもこれだ。カタヌキだ。自家製の。


カタヌキとは思えない複雑な輪郭。

この溝の深さが勝負だ。
当分風呂は入れませんな。

悲劇は最後に訪れた

以前「型抜き屋を再び出店、ただし自家製」という記事を書いたが、また同じようにオリジナルの型を作り、カタヌキを量産して持って行こうという算段である。すっかりカタヌキ職人きどりだ。

これなら、けっこうな人数の心を捕らえるだろうということは実証済みだし、カタヌキを左手でやってもらえればこのイベントにふさわしい。絵柄の準備にとりかかろう。

浦上さんと相談し、絵柄は全部で5つ。いずれも左利きのスポーツ選手のシルエットである。誰だかわかるかい?

上写真、左からバレーの大林素子、サッカーの中村俊輔、野球の王貞治、相撲の朝青龍、プロレスの獣神サンダー・ライガー、いずれも左利きなのである。

「こんなん抜けるか」という複雑な絵柄だが、お嬢ちゃんこれは簡単に抜けたらおいちゃんの商売アガッタリなんだよ、という気持ちで進めよう。

前回と同じく、ゴム版を彫った上からFRP(繊維強化プラスチック)で型をとることにした。今の時期、戸外での作業はすさまじいものがあるので、仕方なく換気扇ガンガンに回して風呂場での作業だ。臭気でラリらないようにせねばならない。

ところが・・・。


当日朝9時でこの有り様。38歳、ひさびさにべそをかきました。

何度やっても、FRPが固まってくれない。ちょっと乾くのにも数時間かかる。普通は30分くらいで硬化するのに。

前回と違う点はといえばFRPの銘柄だけだ。ではその銘柄のとゴム板が相性悪かったのか、あるいは離型剤との相性か・・・わからない。とにかく何度やっても思うようにいかない。後日東急ハンズさんで聞いてみるしかあるまい。

と、淡々と書いてますがこれ、あと数時間でイベント始まるってときの状況だ。乙幡啓子、一生の不覚でござる。電話で浦上さんに状況を説明し、とにかく前回使った「スペースカタヌキ」でいいから作って持っていくぞ。ひぃー。


つぎへ >
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.