デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
700kgの鉄のソリを引くレース〜ばんえい競馬を見てきた

この馬のうしろにつながれてるのが…

 北海道では、ふつうの競馬とは違った、独特の競馬が行われているという。名前をばんえい競馬という。普通の競馬は、みなさんご存じのとおり騎手が馬に乗って速さを競うわけだが、ばんえい競馬はちがう。馬は騎手を乗せたソリを引っ張るのだ。

 そんな話を聴いて、最初は、あー犬ぞりみたいなやつね、と思った。しかし、どうも違うらしい。土の上だ。土の上を、しかも何百キロもある鉄のソリを引っ張って走るのだ。

 まさに「馬力」。そんなばんえい競馬を見に行ってきました。

 (text by 石川 大樹


 


競馬場ってこんなところだったんですね

初めての競馬場

 ばんえい競馬が行われている帯広競馬場へやってきた。冒頭で「普通の競馬とは違う」、なんて知ったふうに書いたけれども、実は僕は、普通の競馬を含めても競馬場に来るのは初めてだ。

 ちょっと早く来すぎて、まだ第一レースまで少し間がある。競馬場内を散策してみよう。


これを馬が引っ張るのだ

 するとすぐに目に飛び込んできたのは、これだ。鉄のソリ。実物だ。話によると、小さいものでも500キロ以上、大きなもので1トンある。だいたい軽自動車くらいの重さだ。

 左の騎手の写真が乗っているが、これが実物大の人間。こんな巨大な鉄のかたまりを引っ張ってレースをするのだ。大丈夫なの?


と心配しているとスープをくれました。この方は後ほど登場します


 馬の心配をしているうちに、いつの間にか第一レース開始の時間。場内放送を聞いてあわててコースに向かう。

 

写真奥、人が集まっているところの奥がコースです

まもなくスタート

 外に出てみると、コースはまっすぐ直線のコースだった。スタートからゴールまで、全長200mほど。途中には小さいのと大きいの、2つの山があり、きっとこの山越えがレースの見どころなのだろう。

 左の写真の右端がスタート地点。すでに出走する馬たちはスタンバイしている。まもなくスタートだ。


すでに馬はスタンバイ中
建物の中から見る人も多いです(寒いので!)


そして…スタート!

 

一斉に走り出す

走り出す

 ガチャガチャと馬具のぶつかり合う音を立てながら、一斉に馬が走り出す。この馬が、でかい。そして筋肉質。

 日本輓(ばん)系という独特の品種で、体重はサラブレッドの2倍にもなるのだという。どおりで、いままでの僕の馬観を覆すような馬ばかり。

 観戦の距離もけっこう近い。よく見れば馬の足の筋肉の動き、そして鼻息が寒さのせいで白くなっている様子まで、肉眼で見ることができる。

 


走っているのはこんな馬。この胴回りの筋肉(写真はレース前)
この足の太さ(写真はレース前)

 

うおおおお、重厚感!

 そして引いているのは、さきほど展示されていたソリ。繰り返しになるが、鉄製で600kg〜1トンにもなるのだ(レースによって違う)。しかも地面は雪ではなく、土。

 太い足で一歩一歩、土を蹴りながら走っていく様は、戦車みたいな重厚感がある。


2つの障害物

 直線のコースには2つの山がある。ひとつ目は小さい山、ふたつめは大きな山。馬はスタートダッシュの勢いで第一の障害(山)を越え、コース中盤まで一気にやってくる。そしてここで馬は…なんと止まるのだ。


キキーッ、っとブレーキ

 第2の障害は傾斜が急なので、いくら体格のいい馬といえど、重いソリを引いて登るのは大変だ。そのため馬のペース配分のために、騎手がわざと一旦停止させるのだ。

 このペース配分が、大切なかけひき。馬の特性や土の湿り具合、レースの状況により、「少しずつ小休止を繰り返して遅れないようにする」「障害物直前まで一気に突っ込み、坂の真下でゆっくり休む」なんていろいろな作戦を使い分けるわけだ。

 「止まる」という静のかけひき。ここが普通の競馬とは違うところだ。そしておのおのの作戦で、ふたつめの障害物を越える!


第2障害前に並ぶ。じりじりとした緊張感
登った!

障害を越えたらあとはゴールへ一直線

 第2障害を越えると、一気にゴールへ!と言いたいところだが、険しい障害を乗り越えた後、どうしてもバテて止まってしまう馬がいる。ここでもレースは一波乱だ。そんな馬を声や手綱でけしかけながら(ばんえい競馬ではムチを持たない)、ゴールへ向かう。そして…


ゴール!

 

覆される競馬観

 1レース見てみての正直な感想を言おう。

 普通の競馬を見たことがない僕が言うのもなんだが、これは競馬のイメージを覆す事態だ。この馬の体格、「わざと止める」という静の駆け引き、そして重厚な走り。

 優雅な馬が高速で駆け抜けていく、あの競馬のイメージとは全然違う。確かにスピードはゆっくりなのだが、遅いという印象とはちょっと違う。なんというか、「力強い」のだ。


お待ちかね、動画でどうぞ

 

 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.