デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


 



昨日、3月6日は当サイトウェブマスター林さんの誕生日だった。林さんは読者のみなさんの投稿に従って旅に出ました。

その様子はリアルタイムで更新されていたのだが、事前に林さんから相談があった。

「僕のリアルタイム更新を引き継いで、土曜日は住さんがリアルタイム更新しませんか?」

リアルタイム更新の引き継ぎ。
今までにない切り口である。

電話で話しているうち、林さんから

「僕の目的地まで、SDカードを持って来てもらうっていうのはどうですかね?」

と提案があった。
電話をしている時点では、当然目的地がどこなのか分かっていない。

「SDカードを持って行くのはいいですけど、その後、僕はどうやってリアルタイム更新を引き継げばいいのでしょう?」

3月6日の翌日は僕の誕生日ではない。林さんにSDカードを届けて、ただ帰ってくるだけである。リアルタイム更新でお届け出来るようなネタがない。

一旦電話を切ってから考えた。

林さんのリアルタイム更新を引き継ぐのは難しいが、林さんのリアルタイム更新を応援することなら出来る。

例えば、林さんのリアルタイム更新をみんなでパブリックビューイングするのはどうだろう?

(text by 住 正徳







ホームページをパブリックビューイング

スポーツ競技をスタジアムなどの大型ビジョンで観戦する「パブリックビューイング」。大勢で1つのモニターに集中して喜んだり悔しがったり。実に楽しそうである。テレビの普及初期に設置された街頭テレビもそうだ。1つのテレビに群がって力道山を応援していたという。もちろん僕はまだ生まれていない時代の話であるが、その盛り上がりが羨ましい。

あれと同じことをホームページ閲覧でも出来ないだろうか?

ホームページをプロジェクターで投影して大勢で一緒に閲覧するのだ。画面に現れるホームページの内容にみんなで一喜一憂する。それはとても素晴らしいことだと思う。そして今回、当サイトウェブマスターの林さんが、自分の誕生日を記念して遠くに旅立つ模様をリアルタイムで更新していくという。それはもう、パブリックビューイングするにはうってつけの内容だろう。みんなで林さんの更新を応援するのだ。




サッカーの応援をマネしよう

パブリックビューイングで真っ先に浮かぶのはサッカー観戦である。試合会場に行けなかった人たちが別のスタジアムに集まってオーロラビジョンの映像を観戦したり、スポーツバーで中継を見ながらお酒を飲んで盛り上がったり。今回の「ホームページをパブリックビューイング」も、サッカーの応援風にやりたい。あのグルーヴ感をホームページ閲覧で味わえたら最高である。

というわけで、サッカーショップで応援グッズを集めることにした。


サッカーショップで

応援グッズを調達

しかし、僕はサッカーを観戦したことがない。何を買ったらいいのか分からないのだ。イメージではフェイスペインティングと青いユニフォームであるが、実際はどうなんだろう? 店員さんに聞いてみた。

「サッカーを応援するには、何を買ったらいいでしょう?」

一発で素人だと分かったのだろう、店員さんは丁寧に色々と教えてくれた。

・まずはメガホンとフラッグ
・タオルを使っての応援も主流
・最近はフェイスペイントは減ってきた

フェイスペインティングのイメージが強かったのだが、最近はそれほどでもないらしい。サッカーショップにもフェイスペイント用のグッズは置いてない。どうしてもフェイスペインティングをやりたかったので店員さんに相談すると「ポスカでも大丈夫ですよ」とアドバイスをもらった。よし、東急ハンズでポスカを買おう。

サッカーショップではメガホンとフラッグを買った。


応援メガホン フラッグ大小

フェスペイント用にポスカ タオル

本当は青いタオルを揃えたかった。しかし、予算の関係で家にあったタオルを使うことにした。生活感が滲み出ているが、そこは応援パワーで乗り切りたい。




会場の準備とサポーターへの呼びかけ

パブリックビューイングなので人が集まれる場所が必要だ。さらに大画面でホームページを投影出来るようなプロジェクターも用意しないといけない。どちらも心当たりがない。林さんに相談して、ニフティさんの会議室をお借り出来ることになった。プロジェクターもある。


パブリックビューイング会場(ニフティ会議室)

そして、何より大切なのがサポーターである。林さんのリアルタイム更新を応援してくれるサポーターを集めないといけない。

リアルタイム更新の当日、つまり昨日、急きょデイリーポータル上でサポーターを募った。

【緊急告知】本日のリアルタイム更新をパブリックビューイングしませんか?

午前11時の告知で集合時間が18時である。集まってもらえるか不安であったが、7名ものサポーターが集まってくれることになった。林さんの誕生日リアルタイム更新を応援したい、7人の侍たちである。

これで事前準備は整った。
あとは、会場で林さんの更新をみんなで応援するだけである。


看板を用意した

念のため、スクリーンの下に「パブリックビューイング中」という看板を用意しておいた。会議室でプロジェクター投影なので、ちょっとしたプレゼンのようになってしまうと思ったからだ。今回は新規ビジネスのご提案ではない。あくまでも林さんの更新をみんなで応援する「パブリックビューイング」である。






 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.