デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

ひらめきの月曜日
 
ジャガイモでジャガイモを漬ける
これで、これを漬けます

ジャガイモで漬け床が作れるという話を先日はじめて聞いた。漬け床といえば糠漬けの糠床だが、まさかジャガイモで作れるらしいのだ。

知ってしまったらこれはもう、やることはただ1つだろう。ジャガイモの漬け床を作って、漬けようジャガイモを。

(text by 古賀及子

わりと有名らしいジャガイモ床

今回のジャガイモ床はご近所のおばあさんに教えてもらった。1年半ほど前に出産した際、地域のサービスで家事を手伝っていただいて以来なかよくしてもらっている田中さんだ。

田中さんは東京産まれの東京育ち。まさかこのジャガイモ床は東京の郷土料理なのか?? と思ったら「TVで見たのよ」だそうで。

調べてみるとネットでも結構な量のジャガイモ床の作り方がヒットした。会津若松の郷土料理らしい情報も発見。東京じゃなく福島でしたか。


使うのはジャガイモの他に砂糖、塩、だけ

5:3:2の比率でジャガイモを床にする

田中さんに教わったジャガイモ床の作り方はえらく簡単だった。蒸かしたジャガイモ:砂糖:塩を5:3:2の割合で混ぜ、2日間寝かせて完成だ。

少量で作ってもそう味に変りはないそうで、糠床のように発酵させるわけではないので冷蔵庫さえあれば管理も楽そう。蒸かしたイモは通常足が早いものだが、砂糖と塩の保存効果で冷蔵庫で3ヶ月は持つらしい。

なんだこれ、普通にすごくいい料理レシピなのではないか。デイリーポータルZに書いて大丈夫か。なにか別のお料理サイトに掲載すべきなんじゃないか。


ジャガイモを蒸かして熱いうちにつぶす 砂糖を混ぜると……

いも餡になった。団子のタレに良さそうな味でした

普段使い慣れない大量に及び腰になりつつ、塩も投入

熱湯消毒した容器に入れて(最初から容器で混ぜました)、冷蔵庫で2日間寝かせます

今回はイモ200gに砂糖120g、塩80gで作った。

冷蔵庫に寝かす前にどんな味か興味があったのでなめてみる。



すんごいしょっぱい(当たり前)

もう、びっくりするぐらいしょっぱかった。音にすると「ジョギーン!」ぐらいしょっぱい。

どうすれば的確かつ完全にこのしょっぱさを伝えられるか考えた挙句、なめた瞬間の私の顔を掲載させていただいた次第だ。

就寝直前とあって、女性として完全に無防備な状態ではあるが、誠実にこのしょっぱさをレポートするためにはこの顔を見ていただくのが一番早いと思ったのだ。

いやあ、それにしてもしょっぱい。確かに塩を80gも使っていれば当たり前なのだが、漬け床ってこんなにしょっぱいものなのか。糠床をなめたことはないが、市販の浅漬けの素なんかはこんなにしょっぱくない気もする。というか、そもそもジャガイモの味はどこへ行った。ないぞ。ジャガイモが、ないぞ。

とはいえ、わーわー騒いでも仕方がない。だまって2日置いてみよう。

この日はしょっぱい顔のまま、寝た。


味噌の隣に陣取ったジャガイモ床。がんばって立派な床になってくれ!

  そして2日後 >
 


 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックエントリーNo.1いちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.